《技術系の英語例文 ネタ帳》その時点では、そのシステムはデータを処理中である。処理が終わり次第、エクセルのファイルが生成される。

《例文》 At this point, the system is processing the data. When that is done, an excel spreadsheet is generated. 訳)その時点では、そのシステムはそのデータを処理中である。それが完了するとき、エクセルファイルが生成される 《ヒント》 at this

続きを読む

日常英会話のネタ《 私たちの文化では「太っていること」はOKではない 》

日本にいた頃、「アメリカでは太っている人は昇進できない」と聞いたことある。 理由は「自分の体重もマネジメントできないのに、他人(部下)をマネジメントできない」ということだったと思う。 が、それは本当ではない。 というか、むしろ逆で、アメリカはデブに関して寛容なのだ。 どちらかと言うと、日本のほうが太り過ぎについて厳しい見方を持っていると言える

続きを読む

That’s really somethingはポジティブな文脈がほとんどだが、ネガティブな意味で使われることもある点に注意

もっとも直近に聞いた “That’s really something” は、ナルト疾風伝(英語版)のデイダラのセリフだったような・・・ そんなことはどうもでもいいとして、That’s really something はネガティブな文脈でも使われるというのが、今回言いたいことである。 That’s really something は大体ポジティブな文脈で使われる。例

続きを読む

日常英会話のネタ《いやいや、私は持ち家じゃないもので…》 I rent an apartment

「持ち家」という特殊な日本語を英語化しようとすると頭が痛くなるのでやめておこう。 「持ち家」じゃないということは、そう「賃借」しているわけだ。 だから「アパートを借りている」と言い換えてやればいいだけである。 <例文1> No. I rent an apartment. 訳)いや、私はアパートを借りています(持ち家じゃありません)。

続きを読む

英語の例文《 美容師さんにどれくらチップ払ってる? 》What percentage do you tip a hair stylist?

アメリカでは美容師さんにもチップを払う風習がある。 私の場合は、カット20ドルとして、チップは大体4ドルくらい払っている。 なので、20%くらいだ。 今回は、ネイティブに 《 美容師さんにどれくらチップ払ってる? 》 と質問したいときの英語表現について確認しよう。 パーセンテージを聞きたいときは What percenta

続きを読む

今日のスラング《 Stoner 》意味は「麻薬やっている人」だって

アメリカでは近年、50歳以降の中年以降の年代で、マリファナが流行しているそうな。 日本で「マリファナやってる」なんて言うと人生落ちるとまで落ちたねーという感じだが、アメリカでは、マリファナなんて煙草にちょっと毛が生えたものくらいの認識なのだ。 というわけで、今回のスラング Stoner の意味は「麻薬をやっている人」である <例文1> I saw man

続きを読む

日常英会話のネタ帳《今までで燃え尽き症候群になったことある?》

英語では以下のように言う。 Have you ever burnt out? 訳)今までの人生で燃え尽き症候群に陥ったことある? 直訳すると、 『今までの人生で情熱や体力を使い果たしたことある?』 っていう意味になる。 burn out (人の情熱や体力、電球など)を燃え尽きさせる (火事から誰

続きを読む

《日常英会話のネタ》先週は友達のその子ども達を自宅に招待した

We had friends and their 2 kids over last weekend. 訳)先週は友人とその子ども達2名を自宅に招待しました。 奇妙な over の使われ方に気付いたでしょうか? この over は「自宅に誰かがやってきた」という意味があります。辞書で引いてもピンと来ることは書いてないことが多いと思います。でもネイティブは

続きを読む

技術系の英語例文・ネタ帳《エラーが断続的に表示される》be declared intermittently

実は《エラーが表示される》という文脈で、英語では  declare  がよく使われる。 declare と言えば普通は「~を宣言する」という意味で覚えている人が多いだろう。 declare の根本的な意味は「~をハッキリと示す」なのだ。 declare を宣言、宣告する を断言する の申告をする

続きを読む

技術系の英語ネタ帳《データをまとめる・整理する》– pull together the data

pull together というイディオムを使ってみよう。 pull together 意味1.協力してうまくやる [自動詞] 意味2.(組織、人々、データなど)を1つにまとめる 『データをまとめる、整理する』と言いたい時は、意味2を使って pull together the data と表現することができる。

続きを読む

《英語の例文》それは再現性の低い問題なので、根本的な原因を見つけるのが難しい

『再現性が低い』とは、『発生したり、発生しなかったりする』ということである。こういう文脈でよく使われるのが、  intermittent : 〝断続的な、間欠的な〟  inconsistent : 〝一貫しない、気まぐれな〟 という形容詞である。どちらかというと、ネイティブは intermittent のほうをよく使う気がする。 <例文1> S

続きを読む

『在庫が枯渇するまでに…』と英語で言いたいときは deplete を使ってみよう

製造業系の人はお馴染みの在庫が『枯渇する』という表現だが、ネイティブは deplete  という動詞を好んで使う。かなり難しい単語の部類に入ると思う。 正確に言うと、deplete は …を枯渇させる、使い果たす という意味の他動なので、『在庫が枯渇する』と言いたい時は受身にして、 The inventory is

続きを読む

【英語の例文】残念なことに、予想していなかった問題が発生した

「伝えにくいこと、悪い知らせ」を伝える際に重宝するのが、この I am afraid that S + V … という表現である。 ただし、使い過ぎに要注意。「I am afraid that…」とまで言われた方は、何を言われるのだろうとドキドキとしてしまうのだ。 ここぞというときに使うようにしたいものである。 <例文1> I

続きを読む

『問題がある特定の部品についてくる』と英語で言いたいとき

今回は、けっこうマニアックな表現です。 問題の原因切り分けの文脈で使われる 『問題、不具合、欠陥などが~についてくる』 という英語表現についてご紹介しましょう。 problem moves with ~ 『問題が~についてくる』 <例文1> I swapped component-A for component-B and the p

続きを読む