「~の場合」の英語表現: in case of と in the case of を使う場面はあまりない

多くの日本人は、「~の場合」という英文を書くとき in case of ~ もしくは in the case of ~ を使いたくなるかもしれません。 しかし実は、技術系のドキュメントにおいて “in case of” や、“in the case of ” を使うべき場面はほとんどなく、大半は if when

続きを読む

【こ】 ~に公差を適用する | ~で構成される | ~は考慮される必要がある | (許容幅や公差など)を超える | ここで | これは~するためである | これにより、~となる | これは ~することによって達成される | 上記の根拠から、 | 今後の参考のために | ~することは困難である |…

~を交換する replace ~ However, if the standard is subject to physical damage or prolonged exposure to sunlight it should be replaced at an earlier date. しかしながら、本基準が物理的ダメージを受けたり長期間にわたって太陽光にされされた場合、早い時期に交

続きを読む

【あ】 ~がある | ~であるように | ~であるが、…である | ~であるにも関わらず | ~は明らかである | ~であることは明らかである | ~であることが明らかにされる | ~から明らかなように | 明らかに | ~を合わせるため…を変更する |…

~の間に(~中に) during ~: [前置詞] ある期間“ずっと”という意味と、ある期間における“一時点”という両方の意味がある。 The number two stopped during the test due to a breakdown. 訳)2号機はテスト中に故障したため停止した。 ~がある There is/are ~: 【There is 構文】

続きを読む

著作権・商標権・特許権 を保護する英語表現

ビジネス系の文書では、前提としてその文書に関わる権利について明示しておくことが望ましいです。 また技術系の内容を含むのであれば、知的財産が絡むケースも多いです。 表紙の次のページくらいに、文書全体を保護するための文面を入れます。 保護すべき権利は、以下の3つです。 著作権 商標権 特許権 『著作権』を

続きを読む