『人員不足だから』とか『工数がないので』を英語で表現してみよう: due to resource constraints

due to ~ constraints はよく『言い訳』をしたいときに使います。例えば、人手不足で何かのプロジェクトにとりかかることが出来ないとかいう文脈でよく使われます。 due to resource constraints: リソースの制約上,人員不足なの,工数がないので <例文1> His team will not be able to

続きを読む

時間があるときに: when I get a chance

『時間があるときにちょっと調べてみようと思っている』などという言い方を英語で表現したいとき、直訳的に when I have time を使ってももちろん構わないのですが、このページでは chance を使った表現を確認しておきましょう 『時間があるときに』 When S get a chance When S have a chance <例文1>

続きを読む

『~に大きく左右される』の英語表現: very much depend on ~ と depend very much on ~ と depend on ~ very much

『~に依存する』 『~次第である』 『~に左右される』 などと英語で言いたいとき、 depend on ~ が使えます。 depend on ~ をどうやって強調するにはどうしたら良いでしょうか。つまり、『~に強く依存する』とか『~に大きく左右される』という言い方です。 強調するための言い方はいくつかパターンがあるますが、ここでは以下例文のように、 v

続きを読む

that節を伴う文で、with + 名詞「~を使って」を入れる位置に関して思い悩むとき

with にはいくつか意味がありますが、ここでは、よくある <道具や手段を意味するwith> について取り上げてみたいと思います。 例えば、典型的にはこんな文です。  <例文1> Although I am an American, I usually have dinner with my chopsticks. 訳)私はアメリカ人ですが、いつも夕食をお箸でと

続きを読む

「今週中には回答したいと思います」の英語表現: later this week の this week は副詞

「今週中」という日本語の言い方から少し発想を変えて、「今週の後半」という英語表現を確認したいと思います。 「今週の後半」は later this week という言い方をします。これはネイティブもよく使う表現です。 <例文1> I will be out of the office all day Tuesday, and I have a full day meet

続きを読む

やはり I don’t think so, as well はあまり使わないほうがいい

「私もそうじゃないと思う」って言いたい場面ってよくありますよね。相手の意見に同調するためのセリフです。 普段皆さんは「私も」の「も」のところを英語でどう表現しているでしょうか? 一昔前まで、私はこの「も」のところに as well を当てて I don’t think so, as well なんて言っていたのですが、ネイティブ・イングリッシュ・スピーカーであるアメリカ

続きを読む

in the same fashion: 同じやり方で

我々日本人にとって fashion と聞くと、まずは「洋服や髪型などの流行」を想像してしまう。 ところが、fashion は way(やり方)と同じ意味でよく使われる。 in the same fashion の後ろに as を加えることによって、一体何と同じなのかを表現することが可能である。 in the same fashion as ~: ~と同

続きを読む

「あとちょっとで終わります」の英語表現

今回は、あいまいな表現について確認したいと思います。 今やっている最中の仕事などが「あとちょっとで終わります」と言いたいとき、英語ではどう言えばいいでしょうか? まず「あと一時間で終わります」という言い方について考えてみましょう。 <例文1> I will be done in one hour. あと一時間で終わります。

続きを読む

『~するにために…』副詞的用法のto不定詞が文頭にある形

to不定詞には以下の3つの用法があります。 名詞的用法「〜すること」 形容詞的用法「〜することになっている」 副詞的用法「〜するために」「〜して」 ここでは、3. 副詞的用法の “目的表現” について取り上げてみましょう。この用法は「〜するために」という意味になります。 学校の授業ではあまり出てこなかった気がしますが、以下のように「~するために」と

続きを読む

「特定の間隔で」や「定期的に」の英語表現

「特定の間隔で(計測器など)を校正する」という例文で考えてみます。 一般に計測器というものは、3ヵ月おきとか半年おきとか、通常はある特定の間隔ごとに校正するようルールが決められています。 「特定の間隔で」は “at a specific interval” となります。 「一定の間隔で」とか「定期的に」であれば “at a regular interval” となりま

続きを読む

「~踏まえて」を英語で表現する

「~踏まえて…する」と言いた時は “on the basis of ~” を使うことができます。 “on the basis of ~” は動詞「…する」を修飾する副詞句です。 以下の例文で言うと“On the basis of the information you sent”は、“tried”を修飾しています。副詞は動詞を修飾することができます。 《例文1

続きを読む