副詞(句,節)

技術系ビジネスマン向け英語情報: 副詞(句,節)
MENU


data-matched-content-ui-type="image_card_sidebyside"

【副詞(句,節)】記事一覧

due to 〜 constraints はよく『言い訳』をしたいときに使います。例えば、人手不足で何かのプロジェクトにとりかかることが出来ないとかいう文脈でよく使われます。due to resource constraints: リソースの制約上,人員不足なの,工数がないので<例文1>His team will not be able to do the work simultaneously ...

「今週中」という日本語の言い方から少し発想を変えて、「今週の後半」という英語表現を確認したいと思います。「今週の後半」は later this week という言い方をします。これはネイティブもよく使う表現です。<例文1>I will be out of the office all day Tuesday, and I have a full day meeting Wednesday, so ...

「私もそうじゃないと思う」って言いたい場面ってよくありますよね。相手の意見に同調するためのセリフです。普段皆さんは「私も」の「も」のところを英語でどう表現しているでしょうか?一昔前まで、私はこの「も」のところに as well を当てて I don’t think so, as well なんて言っていたのですが、ネイティブ・イングリッシュ・スピーカーであるアメリカ人的には、これはあまり宜しくない...

「在庫している部品」は英語でどう言えばいいでしょうか?答えはparts on hand parts in hand等と言う事ができます。(parts in stock と言ってもいいです)on hand は「手もとにある」や「持ち合わせている」や「在庫している」という意味を持ちます。on hand 「手元にある」<例文1>I don’t have any parts on hand for a F...

我々日本人にとって fashion と聞くと「洋服や髪型などの流行」を一番に想像してしまいますが、fashion は way (やり方)と同じ意味でよく使われます。in the same fashion の後ろに as を加えることによって、一体何と同じなのかを表現することが可能です。as 以下の部分には名詞が入ります。in the same fashion as 〜: 〜と同じやり方で<例文1>...

今回は、あいまい(vague)な表現について確認したいと思います。今やっている最中の仕事などが「あとちょっとで終わります」と言いたいとき、英語ではどう言えばいいでしょうか?まず「あと一時間で終わります」という言い方について考えてみましょう。<例文1>I will be done in one hour.あと一時間で終わります。「あとちょっとで」と言う場合は、この in 以降を、次のように変えてみて...

例えば、あなたが何かの装置を使って作業していたとします。すると、そこへ、次にその装置を使いたい人が現れて、「どれくらいで終わりますか?」とあなたに尋ねたとしましょう。その問いかけに対して「あと1時間で終わります」で答えるときの英語表現についてご紹介したいと思います。「あと1時間で終わります」の言い方として、次に示す2つの言い方について検討してみましょう。I will be done in an h...

『どちらにせよ』 や 『いずれにしろ』 といった言い方は “either way” を用いて、以下例文のように使用することが可能です。<例文1>Is this just measurement variability, or something else?Either way, I will start my analysis with the extended spectral range da...

「〜踏まえて…する」と言いた時は “on the basis of 〜” を使うことができます。“on the basis of 〜” は動詞「…する」を修飾する副詞句です。以下の例文で言うと“On the basis of the information you sent”は、“tried”を修飾しています。副詞は動詞を修飾することができますからね。例文1On the basis of the ...

「特定の間隔で(計測器など)を校正する」という例文で考えてみます。一般に計測器というものは、3ヵ月おきとか半年おきとか、通常はある特定の間隔ごとに校正するようルールが決められています。「特定の間隔で」は “at a specific interval” となります。「一定の間隔で」とか「定期的に」であれば “at a regular interval” となります。「特定の間隔で〜を校正する」と言...

「現在のところ」を意味する英語表現はいくつかありますが、その中でも “as of now” について確認します。<例文>As of now, we are planning to provide the final deliverable in late January.現在のところ、1月後半までには最終成果物を提供する計画でおります。「現在のところ」を意味する英語表現で一番簡単なのは “curr...

「〜を確認出来たらすぐに、…」は例えば “as soon as I can confirm 〜” という表現が使えます。<例文>I will try to share information as soon as I can confirm it is correct.それが正しいことが確認出来次第、情報共有したいと思います。“as soon as” は接続詞なので、その後にS+V+…といった具合...

「詳細について」の英語表現は以下の2パターンがよくある表現です。For details<例文1>For details, see the operating instructions supplied with the device.訳)詳細については、本装置と同梱の操作マニュアルを参照してください。For more information<例文2>For more information, se...

to不定詞には以下の3つの用法があります。名詞的用法形容詞的用法副詞的用法ここでは、3. 副詞的用法の目的表現 について取り上げてみます。学校の授業ではあまり見かけないのですが、以下の例文のように「〜するために」という副詞句を文頭に置く形は本当にしょっちゅう出てくる表現です。<例文>To represent the non-Gaussian beam shape, we employed two ...

『社内で』の表現方法として “internally” や “within (your/ourなど) company” 等があります。『社内で 〜を検討する』は、discuss 〜 internally(within one’s company)と表現することが出来ます。<例文>I have a sample so (that) you can discuss it internally.御社の内部...

今回は非常に細かいニュアンスの違いを確認しておきたいと思います。まずは a little を使った以下の例文をご覧ください。a little はこの固まり副詞であり、「少しの」とか「小さな」を意味します。<例文1>The gap between A and B is a little perceptual.訳)AとBの差はほんの少し知覚できる。※perceptual 【形容詞】(目や耳など)知覚の...

with にはいくつか意味がありますが、ここでは、よくある<道具や手段を意味するwith>について取り上げてみたいと思います。例えば、典型的にはこんな文です。<例文1>Although I am an American, I usually have dinner with my chopsticks.訳)私はアメリカ人ですが、いつも夕食をお箸でとります。例文1のようなシンプルな文だと特に問題ない...

『〜に依存する』とか『〜次第である』とか『〜に左右される』などと英語で言いたいとき、普通は depend on 〜 を使います。このページでは、depend on 〜 をどうやって強調すればいいかという話をします。つまり、『〜に強く依存する』とか『〜に大きく左右される』という言い方です。強調するための言い方はいくつかパターンがあるますが、ここでは以下例文のように、 very much を使った表現...

あまり多くを語ろうとせずに、『時間の問題で』や『時間がないので』とか『時間の制約上』などと、スケジュールの都合で物事が正しく運んでいない状況を表現する文脈で、because of time constraints や due to time constraints がよく使われます。『時間の制約で』because of time constraintsdue to time constraints...

『時間があるときにちょっと調べてみようと思っている』などという言い方を英語で表現したいとき、直訳的に when I have time を使ってももちろん構わないのですが、このページでは chance を使った表現を確認しておきたいと思います。『時間があるときに』When S get a chanceWhen S have a chance<例文1>I am planning to take an...

このページの先頭へ