部品等がまだ「使える」の英語表現

一部の部品は故障して使い物にならない状況だが、他の部品はまだ「使える」と言うとき serviceable を使うことが出来ます。 serviceable【形容詞】 使用可能である、実用に耐えうる 役に立つ、便利である be still serviceable 「まだ使える」 still は通例、be動詞の後ろ・一般動詞の前に置かれます。

続きを読む

familiar with と aware of の使いどころ―「そんなに詳しくないが表面的には知っている」と「存在すら把握してない」

「~精通している」や「~に詳しい」と言いたいときは以下のような表現があります。 be familiar with ~ be knowledgeable about ~ know a lot about ~ <例文1> Are you familiar with this standard JIS 2283: 2000? 訳)あなたは日本工

続きを読む

「日々のばらつき」とか「日間のばらつき」と英語で言いたいとき

「ばらつき」は英語では variation や fluctuation といった言い方があります。 では「日々の」はどう言えばいいでしょうか? 答えは day-to-day や daily です。 日々のばらつき: day-to-day(daily) variation day-to-day はこのかたまり全体で、形容詞になっていると考えると

続きを読む

more than,less than はとりあえず形容詞ということにしておく

『~以上』や『~以下・未満』を表す英語表現はいくつかありますが、ここでは以下の表現について検討してみましょう。 more than less than 手始めに、例として “more than 5 apples” という表現について考えてみましょう。 “more than 5 apples” の意味は厳密に言いうと『リンゴ5個以上』ではなく『リン

続きを読む

『規格外』を意味する形容詞 “substandard”

『部品の寸法が規格外である、あるいは材料の品質特性などが基準以下のレベルである』というようなことを表現するのに、英語では “substandard” という言葉を用いることがあります。 <例文1> The materials used to make the product might be substandard. 訳)その製品を作るのに用いられるこの材料は規格外品

続きを読む

『~する性能を潜在的に備えている』 を意味する英語表現 “be capable of doing”

『~する性能や能力を潜在的に備えている』は “be capable of doing” と表現することができます <例文> This device is capable of supporting volume sliders. この装置はボリュームスライダーをサポートすることができる。 (サポートしようとすればサポートできるが、今はサポートしていない)

続きを読む

『その仕様は未対応である』と英語で言いたい

『未対応である』ということ言うのに “not present” と表現する方法があります。 “not present” とは要するに『存在していない』ということです。『その仕様は ~に対応していない』は “the feature is not present in ~” と表現することができます。 <例文1> If you are using type-A drive

続きを読む

外観検査などで「~に欠陥がある」と英語で伝える

外観上のキズや凹みなどの「欠陥」という意味でよく使われる英語は “defect” や “flaw” があります。 どちらかと言うと “defect” のほうがよく使われる表現ですが、「外観上の欠陥」と言う意味で使われる場合 “defect” と “flaw” は同じ意味と考えていいでしょう。 「~にある」や「~に存在している」は “be present on ~” とい

続きを読む

一見つかみにくい “functional” について

形容詞の “functional” を辞書で引くと、ぶっきらぼうに「機能の」と書いてあることが多いです。 なるほどそうかと思い、例えば以下のような実際の英文を読んでも全然ピンと来ません。 We need the mode to be functional on the device. 実は辞書にある「機能の」という訳は、【限定用法】の意味です。

続きを読む

“due by ~” の意味

“due” と言えば、技術系の人にとっては “due to ~” =「~のせいで」 が馴染み深いと思います。 「原因、そして結果」という流れで話をしたいとき、“due to ~” はなかなか便利な表現です。 では “due by ~” はどんな意味になるでしょうか? <例文1> You had the action item due by D

続きを読む