形容詞

技術系ビジネスマン向け英語情報: 形容詞
MENU


data-matched-content-ui-type="image_card_sidebyside"

形容詞記事一覧

ここでは、製品設計とか、研究開発の文脈でたまに出てくる empirical と analytic という形容詞について確認したいと思います。empirical は「経験的な」を意味します。一方、analytic は「理論的な」を表します。empirical と analytic は、ある特定の文脈において、対照的な関係を意味します。<例文1>All of the fits are empirica...

この手の表現を英語化しようとすると意外と悩むものですが、実は簡単に言う方法があります。以下例文のように be (came) from を使えばいいです。came はあってもなくてもどちらでも構いません。<例文1>These data are (came) from the same machine with calibration on and off.訳)これらのデータはキャリブレーションオンと...

ちょっとした勘違いをしていて、的外れな主張してしまったときに使えるフレーズをご紹介したいと思います。<例文1>I have checked and I was mistaken about it. I am sorry. That is sort of irrelevant.訳)確認したところ、私の勘違いでした。申し訳ありません。それはちょっと的外れでした。irrelevant は「的外れ」「無関...

How different と How much different、どちらも正しい英語ですし、似たような表現なのですが、意味は微妙に異なるため使い分ける必要があります。それぞれに日本語訳を当てるとすれば、How different 「どう違うのか」How much different 「どれくらい違うのか」ということになります。これだけでも大体分かると思いますが、how different と ...

物事が「イマイチである」とは、期待されている水準に若干達していない、少し劣っていることを意味します。「イマイチ」の語源は「今一つ足りてない」から来ています。つまり何かが1つだけ欠けていて、十分じゃないということです。英語では、「イマイチだな〜」という文脈で poor man’s を使うことが出来ます。日本語の「イマイチ」ほど万能ではありませんが、引き出しの1つとして持っておくいいと思います。<例文...

「〜する価値がある」は次のような言い方があります。多くの場合、主語は it を使うことが多いでしょう(仮主語)。It is worth doing 「〜する価値がある」、「〜するだけの値打ちがある」It is worthwhile doing (上の1よりもやや堅い言い方)通常は 1 を使います。これが最も普通な表現です。worth は形容詞と考えればいいでしょう。つまり、It is worth(...

known good は2語が組み合わさって1つの形容詞を意味していると考えればよいでしょう。a known good part とは「良品の部品」すなわち、予め検査などがおこなわれ、良品であることが保証されている部品を意味します。おそらく known good という言い方は主に電気電子部品に使われることが多いと思われます。known good 「良品の」<例文1>I guess that we...

一部の部品は故障して使い物にならない状況だが、他の部品はまだ「使える」と言うとき serviceable を使うことが出来ます。serviceable【形容詞】使用可能である、実用に耐えうる役に立つ、便利であるbe still serviceable 「まだ使える」still は通例、be動詞の後ろ・一般動詞の前に置かれます。<例文1>The main board and the power su...

「〜精通している」や「〜に詳しい」と言いたいときは以下のような表現があります。be familiar with 〜be knowledgeable about 〜know a lot about 〜ここでは、「〜に詳しいですか?」と訊かれた場合の、回答例から familiar with と aware of の使い方について検討してみたいと思います。<例文1>Are you familiar wi...

「ばらつき」は英語では variation や fluctuation といった言い方があります。では「日々の」はどう言えばいいでしょうか?答えは day-to-day や daily です。日々のばらつき: day-to-day(daily) variationday-to-day はこのかたまり全体で、形容詞になっていると考えると理解しやすいでしょう。ハイフンが使われない場合、つまり単に da...

『〜以上』や『〜以下・未満』を表す英語表現はいくつかありますが、ここでは以下の表現について検討してみたいと思います。more thanless than手始めに、例として “more than 5 apples” という表現について考えてみましょう。“more than 5 apples” の意味は厳密に言いうと『リンゴ5個以上』ではなく『リンゴ6個以上』を意味します。要するに5は含まれません。『...

『〜するにはちょっと時間が必要です』とやんわりと主張する表現を確認します。would need some time to do: 〜するにはちょっと時間が必要だと思う<例文>I would need some time to get the sensor up and running in the new laboratory.新しい実験室でそのセンサーを立ち上げて動作させるにはちょっと時間が必要...

部品の寸法が規格外である、あるいは材料の品質特性などが基準以下のレベルであるというようなことを表現するのに、英語では “substandard” という言葉を用いることがあります。<例文1>The materials used to make the product might be substandard.訳)その製品を作るのに用いられるこの材料は規格外品かもしれません。“standard” は...

まず『できるだけ低いコスト』はどう表現すればよいでしょうか。『できるだけ低い』とは、つまり『できる範囲において最も低い』という意味ですから、これは最上級を使う必要があります。よって “the lowest” が最初に来ます。次に『できるだけ』を意味する “possible” の位置ですが、日本語の語順から考えると “the” の後ろに入れたいところですが、そうしてしまうと “the + 最上級” ...

“retrofittable” はかなりマニアックな形容詞です。技術系の仕事をしていない限りあまり目にすることはないでしょう。“retrofittable” の動詞形と名詞形は “retrofit” です。“retrofit” や “retrofittable” が出てくる場面は、工業製品などが商品として一応完成し、それが市場に導入され、お客様の間で流通した後で、その製品の一部の部品を交換したり、...

『未対応である』ということ言うのに “not present” と表現する方法があります。“not present” とは要するに『存在していない』ということです。『その仕様は 〜に対応していない』は “the feature is not present in 〜” と表現することができます。<例文>If you are using type-A driver, then these featu...

“due” と言えば、技術系の人にとっては “due to 〜” =「〜のせいで」が馴染み深いと思います。「原因、そして結果」という流れで話をしたいとき、“due to 〜” はなかなか便利な表現です。では “due by 〜” はどんな意味でしょうか?<例文1>You had the action item due by December 10.期限が12月10日までの例のアクションアイテムがあ...

『〜する性能や能力を潜在的に備えている』は “be capable of doing” と表現することができます<例文>This device is capable of supporting volume sliders.この装置はボリュームスライダーをサポートすることができる。(サポートしようとすればサポートできるが、今はサポートしていない)“be capable of doing” は “c...

形容詞の “functional” を辞書で引くと、ぶっきらぼうに「機能の」と書いてあることが多いです。なるほどそうかと思い、例えば以下のような実際の英文を読んでも全然ピンと来ません。<例文1>We need the mode to be functional on the device.実は辞書にある「機能の」という訳は、【限定用法】の意味です。一般に形容詞には、【限定用法】と【叙述用法】があり...

外観上のキズや凹みなどの「欠陥」という意味でよく使われる英語は “defect” や “flaw” があります。どちらかと言うと “defect” のほうがよく使われる表現ですが、「外観上の欠陥」と言う意味で使われる場合 “defect” と “flaw” は同じ意味と考えていいでしょう。「〜にある」や「〜に存在している」は “be present on 〜” という言い方があります。ここでの “...

prissy は形容詞で、「口うるさい」とか「神経質」という意味で使われるのが一般的です。prissy【形容詞】口うるさい堅苦しい神経質である<例文1>I heard (that) his mother-in-law is prissy.訳)彼の義理の母は口やかましいタイプだと聞きました。prissy を使うときは、典型的には例文1のように人物を主語にすることが多いのですが、“機械”などを主語にす...

英文メールで頻繁に使われる attached ですが、文法的にはどうも捉えづらいと思ったことはないでしょうか?形は形容詞(分詞)だけど、名詞っぽく見えたりと。結論から申し上げると attached は常に形容詞です。が、ネイティブからのメールで以下のようなものを受け取ったことがあるかもしれません。<例文1>Please see the attached with my response for t...

incremental は形容詞で、「増加分の、徐々に増加していく」という意味なのですが、いざ訳そうしたときに、どうも訳しにくいとな思うときがあります。例えば、以下のような例文を見聞きしたとき、どのように訳すでしょうか?<例文1>This version of the part represents an incremental improvement. I believe that more i...

例えば、以下のように言うことができます。If the time is not good, please let me know another time<例文1>I hope to see you Friday at 10 am. If that time is not good, please let me know another time.訳)金曜の午前10時にお会いしたいと考えています。も...

みなさんは、Non-profit companyとかNot-for-profit companyっていう言い方を見聞きしたことはないでしょうか?実はこれらは『非営利団体』のことを指します。<例文1>Do you work for a non-profit company?訳)あなたは非営利団体で働いているのですか?非営利団体とは、つまり『利益』を出さない経営をしています。通常は、利益 = 売り上げ...

このページの先頭へ