sub-standard to の意味と使い方

接頭辞 sub は、『劣位』を意味します。

品質などが、ある基準と比較して『劣っている』という文脈で、sub-standard を使う時があります。

sub-standard to 〜 で、『〜よりも劣っている』と言う意味になります。

具体的な例文は以下を参考にしてみてください:

《例文》

One account commented it is sub-standard to the previous machine.

訳)あるユーザーは、前任機よりも劣っていると言った。

ちなみに sub- の反対の意味を持つ接頭辞は、super- で、これは『優位』を表します。

なので、super-standard という言い方もありますが、そんなによく使われる表現ではないでしょう。


コメントは受け付けていません。