caveat の意味ついてちょっと考えてみる

caveat を辞書で調べると、「差しどめ請求」だとか「抗議」などという仰々しい意味が並んでいるが、実際はもっと軽いイメージで使われているように思う。

例えば、以下ような感じである:

《例文》

Even though this was presented as a caveat, eventually all accounts have experienced it and it makes the output unusable. Now we are having a problem.

 

訳)本件は、最初はちょっとした不満だったが、最終的に全てのユーザーが経験しており、本件が発生してしまうと出力物を使用できない状態になる。現在、大きな問題になりつつある。

 

caveat の意味は、「但し書きで、ネガティブなこと言うこと」という感じで覚えておくのがいいかもしれない。

「メリットが先行するんだけど、ただし、こんなデメリットも一応あるよ」みたいな、そんな文脈である。


コメントは受け付けていません。