That’s really somethingはポジティブな文脈がほとんどだが、ネガティブな意味で使われることもある点に注意

もっとも直近に聞いた “That’s really something” は、ナルト疾風伝(英語版)のデイダラのセリフだったような・・・

そんなことはどうもでもいいとして、That’s really something はネガティブな文脈でも使われるというのが、今回言いたいことである。

That’s really something は大体ポジティブな文脈で使われる。例えば、

  • それは大したものだね
  • それは立派なだね

というふうにたいていの場合は解釈できるわけだ。

That’s amazing! というほど、大げさなものじゃないけど、「へー、けっこうすごいじゃん」みたいなノリである。

しかし、That’s really something には「へー、それって Weird だね」という意味で使われることもある。

I heard he did hit a parked car twice a day.

訳)彼は同じ日に2回も止まっている車にぶつけちゃったってさ。

Oh, that is really something. So is he OK?

訳)えー、それはヤバいね。それで、彼は大丈夫なの?


コメントは受け付けていません。