『詳細について調べてください』と英語で言いたとき

ここでは “get” を使った表現をご紹介します。

 

調べる』をそのまま英語化しようとして “investigate” や “explore” などの難しい動詞を使うのではなく、“get” のような簡単な動詞の表現を覚えたほうがSpeakingでも使いやすいし、いろんな場面で応用が利きます。

 

難しい単語というのは往々にして発音も難しいことが多いので、聞いてわかることは重要ですが、自分が話すときには積極的に使わなくてもいいと思います。

 

 

~の詳細について調べてください:Could you get details about(on, on, around) ~

<例文>
Could you get more details about these changes and what are the difference between them and why he made the change?
それらの変更点について、より詳細を調べていただけませんか? それらの違いは何のか? また、変更した理由は何なのか?

 

 

 

details” の後に付ける前置詞は “about” の他にも以下のようなものがあります。

<例文>
For details of the settings, contact your network administrator.
この設定の詳細については、ネットワーク管理者に確認してください。

<例文>
For details on each item, see “Configuration Instructions.”
それぞれの項目の詳細については、「設定指示書」を参照してください。

<例文>
For details around the functionality, please refer to the document shared with you.
本機能についての周辺情報については、すでにシェア済みの例のドキュメントを参照してください。

 



data-matched-content-ui-type="image_card_sidebyside"

コメントは受け付けていません。