現在分詞、過去分詞、分詞構文

技術系ビジネスマン向け英語情報: 現在分詞と過去分詞
MENU


現在分詞と過去分詞記事一覧

バケーションの予定を同僚や上司に伝えるときに、よく使う表現は以下の2パターンです。I will take (a) vacationI will be (out of the office/town) on vacation<例文1>I will take a vacation as follows to visit my parents.Starting from Jun 25Returning ...

まずは能動態の形で英作文してみましょう。<例文1>We consider the system operating as intended.訳)我々はそのシステムが意図したとおりに動作していると考えています。例文1は我々日本人にとってはかなり発想しにくい文ではないかと思います。consider + O + doing で、「Oが〜していると見なす」という意味になり、文法的には doing を補語と...

現在分詞(動詞のing形)は、形容詞と動詞の性質を併せ持っています。よって、他動詞の現在分詞であれば、以下の例文のように目的語をとることが出来ます。<例文>Attached is the MS-Word file explaining A and B in detail.Could you please review and confirm your understanding A and B?添...

分詞構文が作り出す意味は典型的には以下のようなものがあります。とき(〜しているときに、〜してみたら)原因・理由(〜なので)付帯状況(〜しながら)結果(〜した結果、…)本ページでは、2番めの【原因・理由】を表す分詞構文について確認したいと思います。原因・理由を表す場合、分詞句は文頭に置かれるのが通常ですが、次のように複数のセンテンスが組み合わさる場合、文末に分詞句がポンと置かれることがあります。<例...

日本語では、改善された部品という意味で『改善品』という言い方があります。同様に、対策が導入された部品という意味で『対策品』などと表現することもあります。これらを英語で表現しようとするときは大抵の場合、以下のように improved part(s) を使えばいいでしょう。<例文1>Now we have improved parts. The parts are not on an official...

例えば『その規制に関する書類』を英語化しようと思ったら、どんな表現が思いつくでしょうか?一番基本的なのは about を使う形かなと思います。これは前置詞を使って名詞に説明を加える形です。その昔ディープパープルというロックバンドの曲で a woman from Tokyo (東京出身の女性) というのがありましたが、これも『名詞+前置詞+名詞』の形です。A document about the r...

このページの先頭へ