【そうだったのか!】so と veryの違い。実は soは変則的な憎いやつ

sovery の語感の違いをざっくり説明すると

 

  • so はカジュアルで感情的なニュアンス
  • very はフォーマルで客観的なニュアンス

 

となるわけですが、はっきり言って非ネイティブにとっては、どうでもいいような話ですよね。

 

とりあえず very を使っておけばいいというのが私の意見です。

 

理由は very のほうがよりオールラウンドに使えるからで、文法的な取り扱いが楽だからです。

 

以下から、例文を使って、ちょっと説明してみましょう。

<例文1>It was a so expensive product.

訳)それはとても高価な製品でした。

 

一見、例文1は正しいように見えるかもしれませんが、実は間違いなんです。

 

It was so expensive.
(これはとても高価でした)

 

とは言えますが、

 

It was a so expensive product.

 

とは言えません。

 

こういうときは、very を使う必要があります。

 

It was a very expensive product.
(これはとても高価な製品でした)

 

もちろん、

 

It was very expensive.
(これはとても高価でした)

 

と言うことも可能です。

 

まとめると、こういうことです。

 

〇: It was so expensive.
×: It was a so expensive product.
〇: It was very expensive.
〇: It was a very expensive product.

 

このような意味で、very のほうが汎用性が高く、より使いやすい表現と言えます。

 

so には変則的な性質があるので、ちょっとやっかいです。

 

はっきり言って、かなり意味不明なルールですが仕方ありませんね。

 

『とても』と言いたいときは very を使うと決めておけば、脳の省エネになります。



data-matched-content-ui-type="image_card_sidebyside"

コメントは受け付けていません。