『~に問題がある』という英語で言いたいとき

『問題』は “problem” あるいは “issue” を使うことが多いです。

 

issue” と “problem” はどちらも、日本語で言うところの 『問題』 の意味で使われますがニュアンスが異なります。

 

  • issue:良いか悪いかに関わらず、議論のテーマ、課題、核心、争点、重要な論点
  • problem:結果的に困難さや害悪をもたらす問題。解決しなければならない問題点

 

では、『どこそこに問題がある』は英語でどう言えばいいでしょうか。『~に問題がある』の『~に』を表現するのに “with” がよく使われます。

 

 

~に問題がある:There is an issue(problem) with ~

<例文1>

There is a problem with the marketing plan.

このマーケティングプランには(解決すべき)問題があります。。

~がある』と言いたいとき、上記の例文のように【There be構文】を使うのが日本人にとっては心地良いかもしれません。

 

 

 

より英語らしい言い方として、以下のように表現することも出来ます。

We have an issue(problem) with ~

<例文2>

We have two issues with the device but we feel that they are minor. One is A and the other is B.

この装置には2つの問題があるが、それらは些細なものと考えている。一つはAで、もう一つはBである。

できるだけ “I” や “We” を使って一人称で文を作った方が、三単元のsを意識しなくて済むので、Speakingのときに楽が出来ます。

 

 

 

また似たような表現として、『何か調子おかしい』というときも “with” の出番があります。上記の例と同じような感覚で使えます。

~の調子がおかしい

  • There is something wrong with ~
  • Something is wrong with ~

<例文3>

There is something wrong with the washing machine.

この洗濯機は調子が悪い。

<例文4>

Something is wrong with the air conditioner.

このエアコンは調子が悪い

wrong” は『故障している』という形容詞でよく使われます。“wrong” は形容詞なので、名詞の前に置かれるのが原則です。なので “wrong something” としたい所なのですが、例外的に “something” や “nothing” や “anything” などを修飾するときは後ろに形容詞が置かれます。



data-matched-content-ui-type="image_card_sidebyside"

コメントは受け付けていません。