「データからバラツキが改善していることを確認した」の英語表現

技術系ビジネスマン向け英語情報: 「データからバラツキが改善していることを確認した」の英語表現
MENU

「データからバラツキが改善していることを確認した」の英語表現

 

 

確認する」という日本語はなかなか曲者で、英語にはばっちり合う動詞は存在しません。文脈によって、make sure,go over,review,find,check,confirm など様々な言い方があります。

 

本ページでは show を使って「データや実験結果などからバラツキの改善を確認した」という文脈を表現する方法を確認したいと思います。

 

典型的には、show は以下のように使います。

 

<例文1>

 

The data shows good improvement for output variation and overall it is working within the specification.

 

訳)そのデータから出力のばらつきが十分改善していることが確認できたし、総合的にはスペックの範囲内で動作している。

 

日本語では「〜を確認した」とか「〜を確認済みである」というように、人間を主語にして文を作ることが多いです。

 

しかし英語においては頻繁に、the data などのいわゆる無生物を主語にして、それがどういう結果を示しているかを表現し、このとき show をよく使います。

 

他に特徴的な点として、このような文脈では、過去形(showed)より、現在形(show)の方がよく使われます。

 

確認した」を英語で言おうとしたときは show(s) を使って表現する方法があることを頭の片隅に留めておくと良いでしょう。

 

<例文2>

 

The results show both European and US products not performing to expectations.

 

訳)その結果から、ヨーロッパ向け、米国向けの両方製品が意図したとおりの性能を発揮していないことを確認した。



data-matched-content-ui-type="image_card_sidebyside"

関連ページ

『問題を抽出する』を英語で表現すると…
〜かどうか確認してください“Can you confirm if〜?”
「見通しあり」の英語表現: look promising
『品質などを許容できる』という英語表現
『AとBを比較する』って英語で表現してみよう
『目視で確認する』の英語表現
『公平な方法で比較する』の英語表現
『立場や見解などが食い違っている』の英語表現
『コストに対するインパクトを見積もる』の英語表現
『精度や正確さを確認する』という意味の “go over”
『全体をざっと確認する』という意味の “review”
「〜の場合」の英語表現: in case of と in the case of を使う場面はあまりない
『〜の目的は …することである』 という英語表現
『前提を確認する』という意味の “confirm”
『〜を補正する』の英語表現 “compensate for 〜”
『その結果、〜であった』の英語表現: as a result は気軽に使いにくい表現
著作権・商標権・特許権 を保護する英語表現
単位(unit)とスペースの入れ方
技術系文書におけるおすすめの強調表現
技術系文書における表(table)のフォーマット
個数や回数の英語表現
“issue” と “problem” 使い分けてますか?
まえがき(Preface)の書き方
「〜は次のとおりです」+箇条書き の英語表現
警告や注意喚起の英語表現
「目的」を表現する “in order to do” や “so that”など: 「主節の主語」と「“〜するために”の主語」のとり方に注意
『〜が選択される場合』という英語表現
問題を再現させる: reproduce や duplicate を使わない言い方
『対策の効果を確認する』の英語表現
問題が再現するか確認する: see if the problem comes back
『確認する』という意味の look on や look at 等とにかく look を使った英語表現7つ
『ありえそうな原因を調査する』の英語の言い方
このページの先頭へ