『お忙しいとは思いますが …していただけますか?』の英語表現

日本語のEメール等でよくある『お忙しいところ恐縮ですが…』というような表現について1つご紹介します。

 

確かに英語ではあまり見かけないのですが、ネイティブでもこのような表現をすることはありますので、Japanese Englishではないかと心配する必要はなさそうです。

 

 

お忙しいとは思いますが …していただけますか?:I know that you are swamped but could you do…?

<例文>

I know that you are swamped but could you take a look at this prospect issue?
Could you let me know if you have any ideas?

 

お忙しいとは思いますが、この有望そうな課題を確認していただけますか?
もし何かお考えがあるようでしたらお知らせください。

元々 “swamp” は『水没する』というような意味で、そこから『大量の仕事に埋もれて身動きが取れない=忙しい』という意味に転じたようです。

 

swamp” が『仕事に追われて忙しい』という意味で使われる場合は、受動態 “swamped”で使われることが多く、形容詞的な感覚で使えると思います。分詞形容詞に近い感覚があります。



data-matched-content-ui-type="image_card_sidebyside"

コメントは受け付けていません。