I am lightweight の意味「私はお酒が弱い」

lightweight には次のとおり2種類の品詞形態があります。

 

【形容詞】

  • 軽量な
  • 取るに足らない(重要じゃない)
  • お酒が弱い

 

【名詞】

  • 体重が軽い人・生き物
  • 取るに足らない人(重要じゃない人)
  • 下戸(お酒が弱い人)

 

 

比喩的な決まり文句として lightweight は「お酒が弱い」という意味でよく使われます。

<例文1>

I am lightweight.

私はお酒が弱い。
(この例文の lightweight は形容詞)

 

 

もし lightweight を名詞として用いる場合は、以下のように冠詞が必要になります。

<例文2>

My father-in-law is a lightweight.

私の義理の父親は下戸です。

 

日本語の「私はお酒が弱い」に引っ張られて I am weak at(in) alcohol. という言い方を聞くことがありますが、ネイティブはこのような言い方をしません。

 

この言い方でも100%通じるのであまり問題はないのですが、自然な言い方ではないということになります。

 

一方、「お酒が強い」にはご想像どおり heavyweight が使えます。

<例文3>

My father used to be (a) heavyweight.

私の父はかつて酒豪だった。

 

lightweightheavyweight を使ってお酒の強さを表現することは、ボクシングの階級に由来しているようです。

 

heavy級は最も重量が大きい階級なのですが、light級はどういうわけか一番軽い階級ではななく、大体真ん中くらいの階級となります。



data-matched-content-ui-type="image_card_sidebyside"

コメントは受け付けていません。