大半の日本人が発音する follow はネイティブに通じない~ l(エル)が2回連続する場合の発音ルール

ここで話題にしたいことは fl を正しく発音しなければいけない、という話ではありません。

 

今回は follow のように l が二回連続して登場する単語を発音する際の、英語における暗黙の発音ルールについてご紹介したいと思います。

 

普段 follow をどのように発音していますか?

おそらく大半の日本人は foh-low と発音しているのではないかと思います。

 

我々日本人は日本語の会話の中でも「フォロー」という言葉を使っていますね。

 

「フォロー」はもはや日本語化したと言ってもいいくらい常用化しています。

 

しかし、ここで指摘しておいたい事、それは follow の正しい発音は実は fah-low なのです。

 

カタカナで無理に表現したとすると「ファローゥ」と発音すべきなのです。

 

でも、それだとまるで fallow ではないかと思われることでしょう。

まさにそのとおりです。

 

o のはずが何故 a となってしまうのか?

その理由は、直後に l が二回続くからです。

 

すなわち、l が二回続く形 “ll” となる場合は、直前の oa と発音する、というルールがあるのです。

 

例えば、以下のように l が一つだけの単語は、素直に o と発音されます。

 

  • folk singer 「フォーク歌手」
  • foldable 「折り畳み可能な、折り畳み式の」
  • folate 「葉酸」

 

follow のように l が二回続く場合、直前の oa と発音されますので、覚えておくとよいでしょう。

 

followfoh-low と発音されるものだと思い込んでいると、おそらくネイティブの正しい発音を聞いても、o にしか聞こえないと思います。

 

身近にネイティブがいる場合は、follow の発音をお願いしてみて、実際に自分がどのように聞こえるか試してみるとよいでしょう。

 

日本在住歴が長いネイティブなどは日本語訛りの英語にすっかり慣れているので、followfoh-low と発音しても通じると思いますが、例えばアメリカの田舎に行ったら、大半の場合聞き返されることになるでしょう。

 

 

 



data-matched-content-ui-type="image_card_sidebyside"

コメントは受け付けていません。