『したかもしれない』の英語で言いたいとき

まず初めに『~しているかもしれない』という表現から確認してみましょう。

 

~しているかもしれない』のように現在の可能性について表現するときは、may もしくは might を使います。maymight はいわゆる助動詞の仲間です。

 

maymight の意味はほぼ同じと考えて問題ありません。

 

厳密に言うと、might の方が可能性の確度が若干下がるニュアンスを含むようですが、あまり気にするようなところではないでしょう。

 

maymight は助動詞ですから、直後に置かれる動詞は原形となっている必要があります。

<例文1>

She may be having dinner now.

彼女は今頃夕食の最中かもしれない。

<例文2>

They might know where it is.

彼らはどこにそれがあるか知っているかもしれない。

 

might は文法的には may の過去形に相当します。

 

may が『~しているかもしれない』というように現在の可能性を表し、一方、might が『~したかもしれない』のように過去の可能性を意味するのであれば、話はシンプルだったのですが、なぜか mightmay と同じ意味を持っています。

 

では、過去の可能性『~したかもしれない』は、どう表現されるかと言うと、以下のようになります。

 

 

 

may/might + have + 過去分詞: ~したかもしれない

<例文3>

I might have lost the receipt for gas.

私はそのガソリンの領収書を紛失したかもしれない。

<例文4>

He may not have been performing his best.

彼は本調子じゃなかったのかもしれない。

 

このように「may/might + have + 過去分詞」の形から、現在完了形のような雰囲気が感じ取れそうですが、これは完了形とは無関係です。単純に過去形になっているのだなと理解して問題ないです。



data-matched-content-ui-type="image_card_sidebyside"

コメントは受け付けていません。