あまり見慣れない “as per ~” という表現について

as per ~” は結構フォーマルな響きのある表現なので、それほど使いやすい表現ではありません。ただメール等では普通に使う人もいるので知っておいた方がいいでしょう。

as per ~” の意味
  • 〜によると
  • 〜のおかげで
  • 〜に倣って
  • 〜に基づいて
  • 〜どおりにやれば

 

<例文1-1>

The parameter is included in the final delivery as per the attached schedule.

訳)そのパラメータは添付のスケジュールによると最終提出分に含まれる。

<例文1-2>

As per your earlier email, I got a good action plan for tomorrow.

訳)あなたのメールのおかげで、明日のための良いプランを思いつきました。

<例文1-3>

As per your example, I will do it.

訳)あなたの例に倣って、それをやります。

<例文1-4>

As per what you said, I will try to do it.

訳)あなた言ったことに基づいて、それをやってみます。

<例文1-5>

As per the instruction, I can do it.

訳)あなたの指示どおりにやれば、私はそれをやることが出来るでしょう。

アメリカにおいて、“as per ~”を使う人というのは、わりあい年配(経験的には50歳代以降)の人が多いと思います。あんまり若者っぽい表現ではないようですね。この辺のさじ加減は非ネイティブにはさっぱり分かりませんが、そのような傾向があることは確かです。

 

 

他に、似た意味を持つ表現として以下のようなものがあります。

  • according to ~
  • in accordance with ~
  • based on ~

 

この中では、 “according to ~” が一番有名でしょうか。

これらは全て、固まりで前置詞的に働きます。このように2語以上が結合して前置詞的になるものを、句前置詞とか群前置詞といいます。とりあえず “as per ~” は “according to ~” と同じ意味だと思っておけばいいでしょう。

<例文2-1>

According to the manufacturer’s recommendations, these control parameters should satisfy the requirements in the table below.

訳)メーカーの推奨によると、これらの制御パラメータは以下の表に示される要求値を満足しているべきである。



data-matched-content-ui-type="image_card_sidebyside"

コメントは受け付けていません。