対策の「効果」という意味の Effectivity と Effectiveness

効果」を英語で表現しようとしたとき、私はたいてい Effectivity もしくは Effectiveness を使うことにしています。

 

1. 問題発生

2. 原因特定

3. 対策確定

4. “効果” 確認

 

EffectivityEffectiveness の意味の違いは実使用上、ほとんどないと考えていいと思います。どちらを使っても構わないでしょう。以下例文です。

 

<例文1>

It is very tough to measure the effectiveness. Because we never experienced the failure in all of our testing. Only they experienced it in their testing.

 

訳)その効果を確認するのはとても難しいのです。なぜなら、私たちの全てのテストにおいてその不具合を一度も経験していないからです。彼らのテストでしか確認されていません。

 

<例文2>

Can you please provide the data which shows the effectivity with this countermeasure?

 

訳)対策の効果を示すデータの提供をお願いできますか?

 



data-matched-content-ui-type="image_card_sidebyside"

コメントは受け付けていません。