『小さいばらつき』とか『大きいばらつき』は英語で何て言う?

小さいばらつき』や『大きいばらつき』は英語でどう言えばよいでしょうか?

 

まず『ばらつき』を意味する名詞は “variation” を使うことにしましょう。

 

variation” を『小さい』とか『大きい』を意味する形容詞で修飾してやればいいわけですね。

 

 

 

a little variation: 少しのばらつき

<例文1>

A little variation does not affect the quality of the products the process produces.

少しのばらつきであれば、その工程が作り出す製品の品質には影響しない。

小さいばらつき』は、例えばこのように “a little” が使えます。

 

 

 

注意点: a few variation とは言えない

ところで  “a few” も“a little” 同様に『少しの』という意味を持ちます。

a little” は数えられない名詞に使いますが、一方、 “a few” は数えられる名詞に使います。

ばらつき』を意味する “variation” は数えられない名詞に分類されているため、“a few variation” とは言えません。

 

 

 

some amount of variation: 若干のばらつき

<例文2>

The process can cause some amount of variation in the length.

その工程はその寸法に若干のばらつきを生み出す原因となりうる。

上記のとおり “a little” の代わりに “some amount of” を使ってもよいです。意味はほぼ同じと考えてよいでしょう。

 

 

 

too much variation: 大き過ぎるばらつき

<例文3>

Too much variation will cause problems.

大きすぎるばらつきは問題を引き起こすだろう。

ここでもやはり、「数えられる名詞」を修飾しようとしているのか、「数えられない名詞」を修飾しようとしているのかを考慮しなければなりません。

すなわち “too many variation” とは言えません。

なぜなら“many”は「数えられる名詞」に使う形容詞だからですね。

 

 

 

 

excess variation: 過度のばらつき

<例文4>

This process could produce excess variation in the size of the part.

この工程はその部品寸法に過度のばらつきをもたらしていそうだ。

excess” は “too much” と同じ意味で、名詞としても形容詞としても用いることができます。“excess” が形容詞として用いられる場合は、名詞を修飾する形(限定用法)しかないようです。

実は “excessive” という形容詞の形もありますが、“excess” と同じ意味です。

 



data-matched-content-ui-type="image_card_sidebyside"

コメントは受け付けていません。