to do と to make sure that を上手に使い分けるちょっとしたテクニック

~するために、…する」と英語で言いたいとき、普通は to doto不定詞)を使います。例えば、以下のような文です。

 

<例文1>

I work harder (than before) to make much more money.

訳)私は、ずっと多くのお金を稼ぐために(以前より)一生懸命働いています。

 

注意したいことは to do の主語は、この文の主語(例文1の場合は“I”)と同じである必要があるということです。例文1を例にとると、「一生懸命働く人」と「お金をたくさん稼ぐ人」は同じだから、この文は成り立っています。

 

では、例えば to不定詞の主語を、主節の主語とは違うものにしたいとき、どんな方法があるでしょうか?

 

このページでご紹介したいことは to make sure that… を使う方法です。

 

以下の例文のように、 to make sure that… を使うことで、to不定詞の形を利用しつつ、that節に別の主語を置くことが出来ます。

 

 

<例文2>

I work harder (than before) to make sure that this project will not be a mess.

訳)私は、このプロジェクトが、ひどいことにならないように一生懸命働いています。

 

このテクニックは、スピーキングのときに結構役に立つと思います。
(無理に to不定詞 を使わずとも、so that などを使って違う主語を持ってくることも可能です)



data-matched-content-ui-type="image_card_sidebyside"

コメントは受け付けていません。