技術系ビジネスマン向け英語情報: 「〜は次のとおりです」+箇条書き の英語表現
MENU

「〜は次のとおりです」+箇条書き の英語表現

 

 

技術系の文書でよく用いられる箇条書きのフォーマットについて解説します。

 

 

次のとおり」の基本表現

 

as follows

the following

 

 

 

例 文: The detailed instructions are as follows:〜
例文訳: 詳しい手順は次のとおりです:〜

 

 

例 文: The following are the detailed instructions:〜
例文訳: 次に示すものが詳しい手順です:〜

 

 

 

 

 

 

箇条書き4つのフォーマット

 

ビジネスで日常的によく使われるのは1と3ですので、特に理由がなければ1か3をお勧めします。

 

 

項目の末尾に何も付けない⇒名詞(句)の箇条書きに使う

例文(1)

 

Paper parameters to consider are as follows
- Color
- Opacity
- Roughness

 

 

 

 

項目の末尾にコンマ(,)を付ける⇒名詞(句)の箇条書きに使う

例文(2)

 

Paper parameters to consider are as follows
  Color
  Opacity, and (←最後から1つ手前の項目に and を付ける)
  Roughness (←最後の項目はピリオドになる)

 

 

 

 

項目の末尾にピリオド(.)を使う⇒文章の箇条書きに使う

例文(3)

 

The detailed instructions are as follows
1. Open the file
2. Click START in the toolbar
3. Browse for the file you want to use
4. Click OK

 

 

※英語で項目行の先頭に番号(1. 2. 3. …)を振る場合は、操作手順や優先順位など明確な序列がある場合に限ります。

 

 

 

 

項目の末尾にセミコロン(;)を使う⇒名詞句、文章の箇条書きに使う

 

例文(4-1)
Paper parameters to consider are as follows
- 長めの名詞句その1
- 長めの名詞句その2; and (←最後から1つ手前の項目に and を付ける)
- 長めの名詞句その3 (←最後の項目はピリオドになる)

 

 

例文(4-2)
The detailed instructions are as follows
1. Open the file
2. Click START in the toolbar
3. Browse for the file you want to use; and (←最後から1つ手前の項目に and を付ける)
4. Click OK (←最後の項目はピリオドになる)

 

 

コンマ(,)とセミコロン(;)を使うフォーマット2, 4の場合は以下のようにつなげて書くこともできます。

 

 

例文(5)

 

The detailed instructions are as follows open the file click START in the toolbar browse for the file you want to use click OK

 

 

項目が長い名詞節・文章になる場合に、それぞれの項目をセミコロン(;)で分割することで分かりやすくします。




data-matched-content-ui-type="image_card_sidebyside"

関連ページ

『問題を抽出する』を英語で表現すると…
〜かどうか確認してください“Can you confirm if〜?”
「データからバラツキが改善していることを確認した」の英語表現
「見通しあり」の英語表現: look promising
『品質などを許容できる』という英語表現
『AとBを比較する』って英語で表現してみよう
『目視で確認する』の英語表現
『公平な方法で比較する』の英語表現
『立場や見解などが食い違っている』の英語表現
『コストに対するインパクトを見積もる』の英語表現
『精度や正確さを確認する』という意味の “go over”
『全体をざっと確認する』という意味の “review”
「〜の場合」の英語表現: in case of と in the case of を使う場面はあまりない
『〜の目的は …することである』 という英語表現
『前提を確認する』という意味の “confirm”
『〜を補正する』の英語表現 “compensate for 〜”
『その結果、〜であった』の英語表現: as a result は気軽に使いにくい表現
著作権・商標権・特許権 を保護する英語表現
単位(unit)とスペースの入れ方
技術系文書におけるおすすめの強調表現
技術系文書における表(table)のフォーマット
個数や回数の英語表現
“issue” と “problem” 使い分けてますか?
まえがき(Preface)の書き方
警告や注意喚起の英語表現
「目的」を表現する “in order to do” や “so that”など: 「主節の主語」と「“〜するために”の主語」のとり方に注意
『〜が選択される場合』という英語表現
問題を再現させる: reproduce や duplicate を使わない言い方
『対策の効果を確認する』の英語表現
問題が再現するか確認する: see if the problem comes back
『確認する』という意味の look on や look at 等とにかく look を使った英語表現7つ
『ありえそうな原因を調査する』の英語の言い方
このページの先頭へ