『公平な方法で比較する』の英語表現

技術系ビジネスマン向け英語情報: 『公平な方法で比較する』の英語表現
MENU

『正しい条件・公平な方法で比較する』の英語表現

 

 

どんな分野であっても、物事を比較して、どちらが良いのか悪いのか、あるいは同等なのかを検討することは日常的におこなわれていることでしょう。

 

工業の世界に目を向けてみれば、例えば製品の部品をAからBに変更したいとき、事前に同等性評価や非劣勢評価などがおこなわれるのが普通です。
しかし肝心なことは、正しい条件、公平な方法で比較されているかということです。

 

扱うシステムが複雑になればなるほど、正しい条件、公平な方法で比較するための困難さが増えていくものです。英語では『〜を公平な方法で比較する』は以下のように表現することができます。

 

AとBを公平な方法で比較する

 compare A to(with) B in a fair method

<例文>

 

We did not compare A to(with) B in a fair method. I would like to review the data and our position on the issue.

 

我々はAとBを公平な方法で比較していません。私はこの問題に対する我々の見解とデータを確認したいと考えています。

 

 

 

on” よりも “with” を使ったほうが厳密な比較になると一般的には言われています。

 

ただし、実際のネイティブの会話を聞くと、そんな区別をしているようには感じられません。ましてや非ネイティブの私たちにとっては、全く気にするようなところではないでしょう。どちらでもいいと思います。

 

実用性という意味では、“with” のほうが日本人にとっては使いやすいかもしれません。

 

〜と…を比較することによって

 by comparing 〜 to(with) …

<例文>

 

The test is carried out by comparing test specimen to(with) certified standards.

 

本テストは試験器と基準器を比較することによっておこなわれる。

 

 

 

正しい条件、公平な方法で比較するという文脈においてしばしば出てくる表現として “an apple to apple” や “apples to apples” という英語があります。これも非常に重要な表現で会話でもメールでもよく出てきます。

<例文>

 

Waiting for the parameters to be done to get apples to apples is silly.

 

公平な比較を得るためにそのパラメータが出来上がるのを待っているなんて馬鹿げた話だ。

 

リンゴはリンゴと比較しなければなりません。リンゴとオレンジを比較したのでは公平とは言えないという事になります。



data-matched-content-ui-type="image_card_sidebyside"

関連ページ

『問題を抽出する』を英語で表現すると…
〜かどうか確認してください“Can you confirm if〜?”
「データからバラツキが改善していることを確認した」の英語表現
「見通しあり」の英語表現: look promising
『品質などを許容できる』という英語表現
『AとBを比較する』って英語で表現してみよう
『目視で確認する』の英語表現
『立場や見解などが食い違っている』の英語表現
『コストに対するインパクトを見積もる』の英語表現
『精度や正確さを確認する』という意味の “go over”
『全体をざっと確認する』という意味の “review”
「〜の場合」の英語表現: in case of と in the case of を使う場面はあまりない
『〜の目的は …することである』 という英語表現
『前提を確認する』という意味の “confirm”
『〜を補正する』の英語表現 “compensate for 〜”
『その結果、〜であった』の英語表現: as a result は気軽に使いにくい表現
著作権・商標権・特許権 を保護する英語表現
単位(unit)とスペースの入れ方
技術系文書におけるおすすめの強調表現
技術系文書における表(table)のフォーマット
個数や回数の英語表現
“issue” と “problem” 使い分けてますか?
まえがき(Preface)の書き方
「〜は次のとおりです」+箇条書き の英語表現
警告や注意喚起の英語表現
「目的」を表現する “in order to do” や “so that”など: 「主節の主語」と「“〜するために”の主語」のとり方に注意
『〜が選択される場合』という英語表現
問題を再現させる: reproduce や duplicate を使わない言い方
『対策の効果を確認する』の英語表現
問題が再現するか確認する: see if the problem comes back
『確認する』という意味の look on や look at 等とにかく look を使った英語表現7つ
『ありえそうな原因を調査する』の英語の言い方
このページの先頭へ