《英語例文》AとBを比較する / AとBを比較することによって / AとBを比較したグラフ

複数あるデータ等を『比較する』と言いたいとき “compare” 以上に分かりやすい表現はないでしょう。

 

他の言い方もあるにはありますが、まず覚えなくていいです。

 

 

AとBを比較するcompare A to(with) B

<例文1>

We did not compare A to(with) B in a fair method. I would like to review the data and our position on the issue.

訳)我々はAとBを公平な方法で比較していません。私はこの問題に対する我々の立場(見解)とデータを確認したいと考えています。

<例文2>

Are you comparing A to(with) B with the same instrument?

訳)同じ測定器でAとBを比較しようとしているのですか?

比較対象のAとBの詳細を文の中に含めたい場合、以下のようにコロンを使うことができます。コロンはしばしば『すなわち』という意味で使われます。

<例文3>

We would like to compare A: abc.txt with(to) B: xyz.txt.

訳)我々はA(abc.txt)とB(xyz.txt)を比較したいと考えています。

 

 

AとBを比較することによって

  • by comparing A to(with) B
  • with comparing A to B

<例文4>

The test is carried out by comparing test specimen to(with) certified standards.

訳)本テストは試験器と基準器を比較することによっておこなわれる。

<例文5>

Could you help us with comparing A to B with your mat lab tool?

訳)MATLABツールを用いてAとBを比較していただけますか?

 

 

 

AとBを比較した(比較している)グラフ:Graphs comparing A to(with) B

グラフのタイトル等に「AとBを比較した図」というように書きたい場合があると思います。そういうときは現在分詞: comparing が使えます。

comparing” が後ろから “Graphs” を修飾して、全体で名詞句となります。このような形を後置修飾といいます。分詞が後置修飾の形となる場合は、分詞の後ろに目的語や副詞などを伴う場合です。上の例では “A to(with) B” が現在分詞の目的語になります。



data-matched-content-ui-type="image_card_sidebyside"

コメントは受け付けていません。