英文メールで「ワイドですみません」。落し物の所有者を探すとき等、不特定多数の人々にメールを一斉送信するとき

無関係な人を含むたくさんの人々にメールを送る際、日本語メールでは「ワイドですいません」などというように一言前置きを添えて、文章を始めることが多いです。

 

英語でも似たような表現がありますので、ここでいくつかの表現をご紹介したいと思います。以下のように一言お詫びを入れてから but… につなげる体裁が典型的な形と言えるでしょう。

 

  • Sorry for the wide distribution (but…)
  • Sorry for the wide posting (but…)
  • Sorry for the mass distribution (but…)

 

<例文1>

(I am) Sorry for the wide distribution but I found a cell phone in a ladies rest room in the building A. Let me know if it’s yours. I’m at Office #1234.

訳)ワイドですみません。ビルAの女性用トイレで携帯電話を見つけました。もし心当たりのある方はお知らせください。私はオフィス番号1234にいます。

<例文2>

(I am) Sorry for the wide distribution but a BLU smart phone with red case was found in the Men’s restroom of building A. Please stop by in my Lab to claim it.

訳)ワイドですみません。赤いケースに入ったBLU製のスマートフォンがビルAの男性用トイレにありました。お心当たりのある方は私の実験室を立ち寄ってください。

<例文3>

(I am) Sorry for the wide posting but a key was found in the entrance of building B this morning. Please let me know if it is yours.

訳)ワイドですみません。今朝、ビルBのエントランスで鍵が発見されました。もしあならのものでしたら、私までお知らせください。

<例文4>

(I am) Sorry for the mass distribution. If anyone should be removed from the distribution list, please send email to me only. Please do not reply all.

訳)ワイドですみません。このメーリングリストから取り除いたほうがいい宛先があれば私までメールください。全員に返信しないようにしてください。

 



data-matched-content-ui-type="image_card_sidebyside"

コメントは受け付けていません。