スケジュール調整の英語文例。今週のどこかで少し時間とれますか?今週はどんな感じですか?など

誰かとスケジュールを調整する際に使いそうなフレーズをまとめました。

 

 

相手の都合を尋ねる文例

Could we schedule some time to this week?

今週のどこかで少し時間とれますか?

【ヒント】some time は名詞で「ちょっとの時間」。Sometimeは副詞で「いつか」。Sometimesも副詞で「たまに、ときどき」を意味する。

 

 

How are your calendar look for this week Wednesday or Thursday?

あなたのカレンダーの今週の水曜日か木曜日はどんな感じですか?

【ヒント】

  • look + 形容詞(補語)で「~であるように見える」。例えば、My calendar looks good for Wednesday. で「私のカレンダーは水曜は大丈夫なようだ」となる。
  • 英語における曜日は常に大文字で始まるルールがある(Monday, Tuesday, Wednesday, …)

 

 

We can wait until next week, just let me know when would be a good time for you.

来週まで待てます。ただ、いつが都合宜しいかだけ教えてください。

【ヒント】a good time で「都合の良い時間」。これの代わりに a convenient time を使っても良い。

 

 

Can you let me know when I can stop by your office?

何時にあなたのオフィスに行けばいいか教えてもらえますか?

【ヒント】stop by ~で「~にちょっと立ち寄る、訪れる」。stop by の目的語は場所である必要がある(stop by you とは言わない)

 

 

When is a convenient time for you to talk about this?

この件について話すのに、いつが都合いいでしょうか?

【ヒント】What time is convenient for you? という言い方もする。

 

 

Can you please confirm if the schedule will work for you?

そのスケジュールがあなたにとっても都合が良いかどうかを確認していただけますか?

【ヒント】この schedule は名詞。意味はそのまま「スケジュール」や「予定表」で、時間に関係するだけのものと思われがちだが、単に「一覧表」という意味もある。例えば「料金の一覧表」という意味で schedule が使われることもある。このちょっと変則的な意味はTOEICの問題でも見かける。

 

 

If that is agreeable, please schedule a time with him.

もしそれで宜しければ、彼とスケジュールを調整してください。

【ヒント】agree-able で「同意できる、賛成できる」。また、「心地よい、気持ち良い」という意味もある≒ comfortable,pleasant

 

 

 

 

自分の都合を返答する

At the moment Wednesday works best for me.

今のところ、水曜が私にとって一番都合が良いです。

【ヒント】work for 人 で「人にとって都合が良い、予定が合う」

 

 

 

I am very busy this week between meetings and work in my lab, but can see if it is possible to do that.

今週は会議やら実験やらでとても忙しいのですが、それが出来るかどうか確認して見ることは可能です。

【ヒント】この between は原因や理由を表す用法で between A and B で「AやらBやらが原因で」。busy と相性が良い。

 

 

Can I get back to you later this week?

今週中に改めて連絡してもいいですか?

【ヒント】

  • later this week とは「今週の後半」を意味する。
  • get back to you はメールなどでよく使われる決まり文句で、意味は「後で改めて連絡する」。


data-matched-content-ui-type="image_card_sidebyside"

コメントは受け付けていません。