『…に関してもっと詳しい情報をください』と英語で言いたいとき

もっと詳しい情報』は

 

Further information

 

が使える。

 

further の品詞は

 

  • 副詞
  • 形容詞(叙述用法のみ)

 

の2パターンがあるが、further information(もっと詳しい情報)は形容詞の形だ。

 

他に似たような用法として、

 

  • further questions(さらなる質問) 
  • further notice(さらなる通知)

 

などがある。

 

Could you provide us with further information on ~?: ~に関するもっと詳しい情報を提供ください

<例文1>

Could you provide us with some further information on the workflow used at the customer site?

訳)そのお客様先で使われているワークフローに関するもっと詳しい情報を提供してください。

 

information on ~ {〜についての情報} の形はとてもよく出てくるので、是非とも使えるようになっておこう。

 

例文1では、some further information という表現を使った。

 

文法をよく知っている人だったら、《some + 複数形》になるべきじゃないの?と思うかもしれない。

だが実は、informations という英語は存在しない。

 

information というのは、いわゆる不可算名詞の扱いになる。

 

  • 《some + 不可算名詞》の場合、この名詞は単数形のままでOK
  • 《some + 可算名詞》の場合、この名詞は複数形にする必要がある

 

このルールを覚えておこう。



data-matched-content-ui-type="image_card_sidebyside"

コメントは受け付けていません。