Would you rather? って何をきかれているか分かりますか?

rather (副詞)はたぶん日本人にとってはあまり理解されていない英単語の1つでしょう。

 

初めて rather を覚えようとしている人にとっては、まずはたいぶという意味で捉えておけば良いと思います。すなわち rather は主観的な「程度」を表しています。very と同じような意味と捉えることもできます。

 

もし、まだ余裕があるなら rather にはむしろという意味があることも覚えておくとよいでしょう。

 

rather【副詞】

  • 意味1.だいぶ(比較対象なし)
  • 意味2.むしろ(比較対象あり)

 

だいぶ」も「むしろ」も主観的な程度を表している点において共通してるんですけどね。

 

意味1の『だいぶ』は比較対象がない程度を表しています。

一方で、意味2の『むしろ』は比較対象ありです。

 

 

Would you rather 〜? における rather は2番目の『むしろ』を意味しています。

 

Would you rather 〜? が登場する典型的な場面は、以下のように選択肢が2つあって、そのうち一択を確認するような場面です。

 

<例文1>

Would you rather have a Guinness (or a glass of wine)?

訳)あなたは(ワインというよりか)むしろギネスビールが飲みたいですか?

 

 

上の例文1のようにフル・センテンスで言ってもらえれば理解しやすいと思いますが、どういうわけか、ネイティブの中には Would you rather a Guinness? とだけ言う人がいるので要注意です。



data-matched-content-ui-type="image_card_sidebyside"

コメントは受け付けていません。