米人が時々「セマイ」=Semi と言うのだが一体何のことなのか?Kind ofやSort ofの代わりのSemiについて

ネイティブの中にたまに「セマイ」と言うのが口癖の人がいるのですが、実はそれ Semi と言ってます。

 

例えば、以下のような文脈で Semi が登場します。

<例文1>

Aさん: I think (that) the adjustment works fine. Am I right?

訳)この調整装置は問題なく動作していると思うのですが、正しいでしょうか?

 

Bさん: Semi.

訳)まあ、そんなとこかな。

 

 

semi っていうのは接頭辞の1つで「半分の」という意味です。標準的な使い方として、例えば semi-asleep 「半分眠い≒まあまあ眠い」と言ったりすることがあります。

<例文2>

I’m semi-asleep.

訳)私はまあまあ眠い(半分眠い・半分疲れている)。

 

 

「半分眠い」とは、逆の方向から見れば「もう半分は眠くない」ということですから、例文2を以下のように書き換えることが出来ます。

<例文3>

I’m half asleep half awake.

訳)私は半分眠いが、もう半分は目が冴えている。

 

要するに、Semi は、どっち付かずで、いい加減。テキトーにうやむやにしたいときに使う表現で、Kind ofSort of と同じような感覚で使われます。

 

日本語の「ちょっと」に似た雰囲気があります。

 

Semi は接頭辞であるにも関わらず、例文1のように単独で用いられことがあり、このような場合 Kind ofSort of と置き換え可能であることが多いです。



data-matched-content-ui-type="image_card_sidebyside"

コメントは受け付けていません。