『もしそうなら』と『もしそうでないなら』の英語表現-soを使った慣用的省略構文

日本語とほぼ同じ発想で、以下のように表現することができます。

 

もしそうなら、~』は  “If so, ~

もしそうじゃないなら、~』は  “If not (so), ~

 

このような “so” の使い方は、慣用的省略構文と云います。

例えば “Why so?” ⇒『なぜそうなるの?』などと同じ用法です。

 

 

『もし、そうなら・・・』の例文

<例文1-1>

Do you plan to add this to the operating specification at a later time?
If so, do you have any ideas for when you will revise the schedule?

後ほど動作仕様にこれを加える予定はあるでしょうか?
もしそうなら、いつスケジュールを修正するかについて何かお考えはあるでしょうか?

<例文1-2>

If so do you know if these were already picked up by DHL?

もしそうなら、それらが既にDHLによってピックアップされたか知っていますか?
※If so の後のカンマ(,)は付けても付けなくてもどちらでもかまわない

 

 

 

『もし、そうでないなら・・・』の例文

<例文2-1>

If not so, we will finish today’s meeting here.

もしそうじゃなければ、この辺りで今日の会議を終わりたいと思います。

<例文2-2>

If not so we need the tracking number for these parts as soon as possible.

もしそうでないなら、それらの部品の追跡番号を出来るだけ早く知る必要があります。

 



data-matched-content-ui-type="image_card_sidebyside"

コメントは受け付けていません。