形容詞・副詞の比較変化

技術系ビジネスマン向け英語情報: 形容詞・副詞の比較変化
MENU


data-matched-content-ui-type="image_card_sidebyside"

形容詞・副詞の比較変化記事一覧

『AはBよりも良い』ということなので、これは比較級を使います。what makes A better than B: AがBよりも良い理由<例文1>Could you please explain to me what makes instrument A better than instrument B?訳)計測器Bよりも計測器Aの方が良い理由を私に説明していただけませんか?上記のような文を、ノ...

『〜よりも大きい』や『〜よりも小さい』などのように、ある基準と比べて程度や数量がどうかということを表現するとき、英語では比較級や最上級の文を作ります。比較級や最上級のように形が変わる(比較変化する)のは、形容詞と副詞のみです。データのばらつきや変動の程度が『大きい』と言うときは “great” や “large” が使われます。“great” や “large” はどちらも規則変化するタイプです。...

『比較的に』を辞書で調べると “relatively” や “comparatively” などの副詞が見つかりますが、『比較的に〜だ』を表現するのに、このような副詞はいつも必要とは限りません。『比較的に』の意味することは、何かの比較対象と比べて、簡単だとか難しいとか言いたいわけなので、英語では単純に比較級を使えばいいだけです。“easy” の比較級は “easier” です。一方、“diffic...

このページの先頭へ