「修理する価値がある」の英語表現

~する価値がある」は次のような言い方があります。

 

多くの場合、主語は it を使うことが多いでしょう。

このような it を仮主語と云います。

 

  1. It is worth doing 「~する価値がある」、「~するだけの値打ちがある」
  2. It is worthwhile doing (上の1よりもやや堅い言い方)

 

通常は 1 を使います。これが最も普通な表現です。

 

worth は形容詞と考えればいいでしょう。つまり、

 

It is worth(形容詞) doing(動名詞)

 

という形になるわけですから、より直訳的に訳すと「それは価値のある行いである」という意味になります。

 

文法の構造的には This is a red(形容詞) apple(名詞) と変わりません。

 

 

 

It is worth repairing修理するだけの価値がある

<例文1>

It would be worth repairing this if the cause is just the power supply board.

訳)それを修理するだけの価値はありそうです。もしも、その原因がパワーサプライ基板だけであるなら。

 

例文1は、以下のように it の代わりに this を主語に持ってくることも可能です。どちらを主語にしても意味的な違いはありません。

<例文2>

This would be worth repairing if the cause is just the power supply board.

訳)これは修理する価値がありそうです。もしも、その原因がパワーサプライ基板だけであるなら。

 



data-matched-content-ui-type="image_card_sidebyside"

コメントは受け付けていません。