“due by ~” の意味

due” と言えば、技術系の人にとっては “due to ~” =「~のせいで」が馴染み深いと思います。

 

「原因、そして結果」という流れで話をしたいとき、“due to ~” はなかなか便利な表現です。

 

では “due by ~” はどんな意味でしょうか?

<例文1>

You had the action item due by December 10.

期限が12月10日までの例のアクションアイテムがありましたよ。

まず “due” はの意味について考えてみましょう。“due” はちょっとつかみにくいですが「当然対応することになっている…」という意味の形容詞です。

 

上の例文の “by” は【期限のby】なので「~までに」という意味です。

 

よって、“due by ~” で「~までに当然対応することになっている」という意味になるのです。

 

上の例文では “due” は限定用法の形容詞として用いられており、限定用法の形容詞は前から名詞を修飾してもよいし、後ろから名詞を修飾してもよいので、上の例文のケースだと、後ろから “action item” を修飾しています。

 

ちなみに “action item” はなんだか和製英語のような感じがしますが、標準的な英語です。“action item” は【名詞+名詞】の形で、いわゆる名詞の形容詞的用法というやつです。名詞が形容詞的役割を果たしています。



data-matched-content-ui-type="image_card_sidebyside"

コメントは受け付けていません。