「日々のばらつき」とか「日間のばらつき」と英語で言いたいとき

ばらつき」は英語では variationfluctuation といった言い方があります。

 

では「日々の」はどう言えばいいでしょうか?

 

答えは day-to-daydaily です。

 

 

日々のばらつき: day-to-day(daily) variation

 

day-to-day はこのかたまり全体で、形容詞になっていると考えると理解しやすいでしょう。

 

ハイフンが使われない場合、つまり単に day to day と使われることもあるようですが、基本的にハイフンが必要です。

<例文1>

The calibration compensates for day-to-day variations in output quality.

そのキャリブレーションは出力品質の日々のばらつきを補正します。

 

dailyday-to-day 同様に、限定用法の形容詞であり、名詞の前もしくは後に置かれて、その名詞を限定(修飾)します。

<例文2>

I am going to determine daily variation in blood pressure and body weight.

私は血圧と体重の日々のばらつきを計測しようと考えています。

 

day-to-day と似たような表現として、night-to-nightyear-to-year などもあります。

 

例文2で daily の代わりに night-to-night と言ったら、毎日夜に、血圧と体重を測って、日間のばらつきを計測していることになります。

 

また、例えば天文学とか、気候の研究などでは、普通よりは長い時間で、物事を観察していますから year-to-year variation (年ごとのばらつき)という言い方をするときがあります。

 

このページの冒頭で、「ばらつき」を意味する言葉として、variationfluctuation があるとご紹介しましたが、day-to-daydaily を使って「日々の」や「日間のばらつき」と表現する場合は、fluctuation もよく使われます。

 

fluctuation が意味するばらつきとは、時間の経過に伴うばらつきを意味します。「日々のばらつき」はまさに時間変化するばらつきの事です。

 

一方、variation はもっと広い意味のばらつきでを意味します。 fluctuation も概念的には variation の一部と言うことが出来ます。

<例文3>

The purpose of this study is to compare the day-to-day fluctuation of A and B.

この研究の目的は、AとBの日々のばらつきを比較することです。

 



data-matched-content-ui-type="image_card_sidebyside"

コメントは受け付けていません。