英語のプレゼンテーション

技術系ビジネスマン向け英語情報: 英語のプレゼンテーション
MENU


data-matched-content-ui-type="image_card_sidebyside"

英語のプレゼンテーション記事一覧

「〜から利益を得る」の基本的な英語表現は get benefit from 〜 ですが、実は benefit には動詞としての用法もあります。よって単に benefit from と言えばそれで「利益を得る」という意味になります。この場合の benefit は自動詞です。以下例文を見てみてください。<例文1>I would like you to benefit as best possible ...

take a more in-depth look という言い方は、ネイティブがプレゼンテーション等でよく使う表現です。ありがちな状況としては、まずテーマの概要を説明して、その後、そのテーマの詳細について細かく説明するような流れの時に、以下のように言います。<例文1>We are going to take a more in-depth look.訳)もっと詳細に見ていくことしましょう。一見、や...

It’s there と言ったら「それはそこにあるよ」という意味になりますね。there は話し手からちょっと距離がある場所を指しています。up there と言ったら「そこ」は「そこ」なんだけど、上のほうにある「そこ」を意味します。このように there や here の前に up や down、right などを付けてより詳しい説明を加えるという表現の仕方は日常会話の中ではとても良く出てきます...

このページの先頭へ