『ありえそうな原因を調査する』の英語の言い方

技術系ビジネスマン向け英語情報: 『ありえそうな原因を調査する』の英語の言い方
MENU

『ありえそうな原因を調査する』の英語の言い方

 

ありえそうな原因』は

 

 

Possible source

 

とか

 

Possible cause

 

 

あたりを使ってみてください。

 

 

Possible は形容詞で

 

  • 可能な、可能である
  • 考えられる
  • ありそうな、起こりそうな、かもしれない
  • 我慢できそうな

 

を意味します。

 

 

Possible source と言ったら『ありえそうな原因』という意味になりますね。

 

 

investigate possible sources/causes : ありえそうな原因を調べる

<例文1>

 

We have completed the analysis, and are investigating possible sources of the problem.

 

訳)私達はその解析を終えて、その問題のありえそうな原因について調査中です。

 

 

〜を調査する』と言いたい時はよく investigate を使います。

 

 

例文1のように、機械の故障みたいなものの原因を調査するという文脈や、ちょっとした調べものするという文脈でも、investigate を使うことが可能です。

 

 

investigate というと警察官が事件などを『走査する』とか『取り調べる』というイメージが強いかもしれませんが、わりとお手軽に使える表現です。

 

 

日本語の『確認する』に使い感覚で使われている印象があります。

 

 

例えば日常生活において、こんな使用例があります。

 

 

街を歩いていたら、とても長い行列が出来ていて、人々は一体何のために並んでいるんだろうと疑問を持ったとします。

 

 

それで「例の先頭に行って何があるか見てみよう」と思ったとします。

 

 

こういうときに

 

 

I will go investigate it.

 

訳)ちょっと確認してくるよ。

 

 

と友達に言ったりします。

 

 

そんなわけで、『investigate』はけっこうお手軽な表現であります。




関連ページ

『問題を抽出する』を英語で表現すると…
〜かどうか確認してください“Can you confirm if〜?”
「データからバラツキが改善していることを確認した」の英語表現
「見通しあり」の英語表現: look promising
『品質などを許容できる』という英語表現
『AとBを比較する』という英語表現
『目視で確認する』の英語表現
『公平な方法で比較する』の英語表現
『立場や見解などが食い違っている』の英語表現
『コストに対するインパクトを見積もる』の英語表現
『精度や正確さを確認する』という意味の “go over”
『全体をざっと確認する』という意味の “review”
「〜の場合」の英語表現: in case of と in the case of を使う場面はあまりない
『〜の目的は …することである』 という英語表現
『前提を確認する』という意味の “confirm”
『〜を補正する』の英語表現 “compensate for 〜”
『その結果、〜であった』の英語表現: as a result は気軽に使いにくい表現
著作権・商標権・特許権 を保護する英語表現
単位(unit)とスペースの入れ方
技術系文書におけるおすすめの強調表現
技術系文書における表(table)のフォーマット
個数や回数の英語表現
“issue” と “problem” 使い分けてますか?
まえがき(Preface)の書き方
「〜は次のとおりです」+箇条書き の英語表現
警告や注意喚起の英語表現
「目的」を表現する “in order to do” や “so that”など: 「主節の主語」と「“〜するために”の主語」のとり方に注意
『〜が選択される場合』という英語表現
問題を再現させる: reproduce や duplicate を使わない言い方
『対策の効果を確認する』の英語表現
問題が再現するか確認する: see if the problem comes back
『確認する』という意味の look on や look at 等とにかく look を使った英語表現7つ
このページの先頭へ