今さら聞けない be the toast of の意味 -英語のイディオム

最近アメリカ人にこんなことを訊かれた。

 

『日本語って何個くらい文字があるの?』

 

うーん、ひらがなは48文字ですよね。

 

カタカナも同じくらいかな?

でも漢字は…???果てしない数となりそうだ。。

 

その点、英語はたったの26文字。

英語は恐ろしくシンプルな言語である。

 

日本字にとっては難易度の高い英語だが、

 

アメリカ人の目にとって、ほぼ無限の文字の種類がある日本語は、複雑怪奇に移るようである。

 

私もアメリカ人に聞きたいことがある。

 

『一体何個、英語のイディオムを覚えればいいのか?』と。

 

というわけで、すっかり前置きが長くなってしまった。

 

今回は覚えたいイディオムは the toast of ~である。

 

be the toast of ~

・(人が)~のあいだで有名である
・(人が)~あいだに人気がある
・(人が)~のあいだで尊敬されている
・(人が)~のあいだで羨望の的になっている

 

このように the toast of は基本的には「人」に大して使われる。

 

よくあるのが、 the toast of the town という言い方である。

 

<例文1>

A picture-perfect family moved into a suburban neighborhood and they immediately became the toast of the town.

訳)絵に描いたような完璧なある家族が郊外近辺に引っ越してきて、彼らはあっという間に町中の人気者になった。

 

the toast of ~toast は実は、こんがり焼いた美味しいパンの「トースト」ではない。

 

同音意義の toast があって、それは「乾杯」を意味する。

実は the toast と言うと「乾杯される人」という意味になる。

 

the toast of the town と言ったら、「町の人々から乾杯されるような人」という意味になります。

 

だから、町中の人気者とか、町の皆から尊敬される人っていう意味になるんだね。

 

これで、今日も1つイディオムを覚えました。おめでとう!



data-matched-content-ui-type="image_card_sidebyside"

コメントは受け付けていません。