機能などが『対応している』という英語で言いたいとき

ソフトウェアについて話すような文脈において、『~に対応している』は “support ~” で表現することが出来ます。『~をサポートしている』は、もはや日本語になっていますね。

<例文1>

Could you please confirm if the controller supports this capability

訳)そのコントローラはこの機能をサポートしているか確認していただけますか?

 

 

機能が『対応している』ということは、既にソフトウェア上、デバイス上にその機能が『存在している』ということですから、“exist” を使って表現することもできます。

<例文2>

I believe that this capability does not exist in the latest version.

訳)最新バージョンはその機能が未対応だと思います。

ちなみに、“believe” という動詞は、『信じる』という日本語の重たい語感から、日本人にとっては使うのに気が引ける感じがあると思います。しかし実は、“believe” は『信じる』というか『思う』という感覚で、わりと気軽に使える動詞です。ある程度の客観性が求められる文書などで、“believe” は適切ではない場合がありますが、メール等だったら “believe” を使ってもかまわないでしょう。“believe” は “think” よりは重い感じがありますので、より弱く主張したいなら“I think that~” や “I tend to think that~” といった表現があります。



data-matched-content-ui-type="image_card_sidebyside"

コメントは受け付けていません。