『父方の』とか『母方の』と英語で言いたいとき。アメリカ人がよく使うパターンはこの2つだ!

『父方のおじいちゃん』とか『母方の祖母』とか、言いたいとき

 

My father’s father

(My mother’s mother)

 

って言ってませんか?

 

その言い方が全くダメなわけではありせんが、普通のアメリカ人はそういう風に言いません。

 

以下から、アメリカ人が良く使う『父方の』とか『母方の』の英語表現のパターンを確認してみましょう。

 

My grandfather on my father’s side

On my one’s side で『誰々方の』という意味になります。

<例文1>

My grandfather on my father’s side passed away 25 years ago.

訳)私の父方の祖父は25年前に他界しました。

 

My paternal / maternal grandfather

以下の形容詞を使います。

Maternal: 母方の(母の、母らしい)

Paternal: 父方の(父の、父らしい)

<例文2>

Yesterday my maternal father visited us.

訳)昨日、母方の祖父が訪ねてきました。

<例文3>

My paternal aunt eats me. I hate her.

訳)母方の叔母にはイライラさせられる。彼女のことが大嫌いだ。

 

まとめ

アメリカ人が良く使う『父方の』と『母方の』の英語表現について確認しました。

以下の2パターンです。

 

パターン1.On my one’s side を使う

パターン2.Paternal, Maternal を使う

 

どっちかというと、パターン1を使う人の方が多いかな?

 

英語で家族の話をするときに、ぜひ使ってみてください。



data-matched-content-ui-type="image_card_sidebyside"

コメントは受け付けていません。