「名詞-bound」のように名詞とboundをハイフンでつなぐ形態。home-bound, work-bound, beach-bound などの意味

 

つい先日、新聞の見出しに以下のような表現を見ました。

<例文1>

If you are beach-bound, plan ahead.

訳)もしビーチに行く予定でいるなら、前もって計画を。

 

beach-bound のように、「名詞(場所)-bound」 の形が意味するのは、「その場所に行くつもりである」ということになります。

ハイフンで繋いだこの固まりで形容詞と考えることができます。

 

例えば、例文1は以下のように書き換えることが可能です。

 

  • If you are going to beach, plan ahead.
  • If you are heading over beach, plan ahead.
  • If you are traveling to beech, plan ahead.

 

場所-bound」は、他にも以下のような用例があります。

場所を表す名詞なら、たいてい何でも -bound を付けることができます。

このような表現は、ちょっとスラング的というか、どちらかと言うとカジュアルな表現になるでしょう。

 

  • home-bound 「帰宅するつもりでいる」
  • work-bound 「出社するつもりでいる」
  • office-bound 「オフィスに行くつもりでいる」
  • circus-bound 「サーカスを見に行くつもりでいる」

 

形容詞としての bound のより標準的な用法は、以下のように for + 場所(行き先) を伴って用いられます。

<例文2>

This airplane was supposed to be bound for San Francisco International Airport.

訳)この飛行機はサンフランシスコ国際空港行きのはずだった。

 



data-matched-content-ui-type="image_card_sidebyside"

コメントを残す