関係詞

技術系ビジネスマン向け英語情報: 関係詞
MENU


data-matched-content-ui-type="image_card_sidebyside"

関係詞記事一覧

骨の折れる実験を繰り返し、ようやく最適条件を決定。いざ確認実験してみたけど、期待していたほどの性能が出てない…。そんな状況は、こんなふうに表現することができます。<例文1>The result obtained was not what we were expecting.得られた結果は期待どおりのものではなかった。上の例文の “what we were expecting” は【関係代名詞のwh...

前任機から使い回せる技術は使い回す。よくある話です。「前任機」は英語では “predecessor” と言うことが出来ますが、もっと普通に “previous product” と言ってもいいです。“previous product” はネイティブも普通に使います。「これは〜というものである」と言うために、関係詞を用いた“This is what〜”という表現を確認します。<例文>This tec...

受け身の勉強から脱却して自分の頭で英作文してみると、いろいろ気付くことがあります。ここでは、関係代名詞節が文の中に挿入したくなる場合について検討してみたいと思います。まず「どうやってテストをおこなうかについてのドキュメントを私にいただけますか?」を英作文してみたいと思います。例えば、以下のような文が思いつくでしょう。<例文1>Could you please provide me with the...

手前味噌で恐縮なのですが、個人的にこのテクニックはけっこう優れものだと思っています。まず、share with と provide with の用法を確認してみましょう。share A with B: AをBと共有する(AをBに与える)provide A with B:AにBを提供する(BをAに与える)A と Bはどちらも目的語ですね。厳密に言うと、Aは動詞の目的語で、Bは前置詞の目的語です。s...

このページの先頭へ