『の前に~しよう』と英語で言いたい⇒ prior to 使ってみよう

の前に』を英語化しようと思ったら、頭の中に思い浮かぶのは beforein front of ではないでしょうか。

 

 

  • 場所的な『』だったら、in front of を使うと良いでしょう
  • 時間的・順序的な『』だったら、before を使う方が自然な感じがします

(場所的な『前』に before を使うことも出来ます)

 

 

ここでは、beforein front of よりもちょっとマイナーな prior to を使って、『…の前に~しよう』を英語で表現を確認したいと思います。

 

ちなみに prior to は時間的・順序的な『』に使います。

 

さあ prior to の使い方を覚えて、英語表現の幅を広げましょう!

 

 

 

~の前に…しよう

以下例文を参考にしてみてください。

 

<例文1-1>

I will renew my badge prior to the expiration date.

訳)無効になる日の前に、社員章を更新しよう。

 

<例文1-2>

Let’s get out of here prior to his arrival.

訳)彼が来る前にここからずらかろう。

 

 

 

prior to は前置詞

prior to はこの固まりで「前置詞」であると考えます。

 

なので、prior to の後には名詞しかとることができません。

prior to の後に S+V構造をとることは出来ませんので、ご注意ください。

 

 

 

 

おまけ1. ~の前に確認する

prior to  を使って『~の前に確認する』という例文を作ってみました。

 

<例文2>

I will check if the report is completed. I need to confirm this prior to Monday.

訳)その報告書が完了しているかチェックします。月曜の前までに確認する必要があります。

 

 

おまけ2. ~の前に変更する

次に prior to を使って 『~の前に変更する』の英語例文を作ってみました。

 

<例文3>

We need to change the payment plan manually prior to each billing if we want to maintain to get a discount.

訳)もし割引料金でのサービスを継続したければ、請求される前に支払いプランを手動で変更する必要があります。

 

 

まとめ

知ってはいるけれど、あまり使えてない表現として prior to の例文をいくつか確認しました。

 

prior to は前置詞なので、後ろには名詞を置きます。SV構造を置くことはできません。

もし SV構造を置きたければ、before を使ってください。before は接続詞としての用法があります。

 

こう考えて見ると、before は前置詞であり、接続詞でもあり便利です。

また before は時間的な『』でも、場所的な『』でもどちらに対しても使うことができますので、万能な感じがします。

 

でも、だからと言って before ばかり使っていても進歩がありませんね。

ちょっとマイナーな表現もできるだけ意識して生活に取り入れて使っていくと、だんだん自分の血肉になっていきます。



data-matched-content-ui-type="image_card_sidebyside"

コメントは受け付けていません。