『測定ばらつき』は英語で何と言いますか?

 

 

測定のばらつき: measurement variability

<例文1>

Is this just measurement variability or something else?

訳)これは単なる測定のばらつきでしょうか、それとも別の何かでしょうか?

<例文2>

The P95% of 1.12 mm is mostly measurement variability.

訳)パーセンタイル95%の1.12 mmという値の大部分は測定のばらつきである。

 

 

上記の例文では『ばらつき』を意味する名詞として “variability” を使いましたが、 “variation” を使ってもOKです。

 

variability” と “variation” の違いについて確認しておきましょう。

 

まず言葉の成り立ちに関してですが、“variability” は次のような構造になっています。

 

vary(変化する) + ability(能力)

 

すなわち、“vari-ability” は変化する能力、可能性(≒ability to change)を意味しています。

 

一方、“variation” は “vary” という動詞の名詞形ですから、変化そのもの(≒change)を意味しています。

 

言葉の構造的には、以上のような違いがあります。

 

しかし実際にネイティブが書いた英文を見てみると “vari-ability” も “variation” も日本語にすれば単に『ばらつき』と訳せばいいような文脈で使われているのは確かです。

 

では、どんなふうに、この2語を使い分ければよいでしょうか。

 

経験的に “vari-ability” は『当然あるはずのばらつき』という語感を持っていると考えています。

 

どういう事かと言うと、例えば、同じサンプルを10回測定するとしましょう。

 

この10個の測定値はある範囲で当然にばらついており、厳密に言えば全く同じ値にはなりませんよね。

 

このような『当然に生じるばらつき』は “vari-ability” と表現されることが多いでしょう。

 

vari-ability” で表される『ばらつき』は、排除しようがないもの、あるいは排除する必要がないものが多いです。

 

だから、上の例文のような文脈では “vari-ability” が使われます。

 

一方、“variation” はもっと広い範囲のばらつきを意味しています。“variation” はより上位の概念と言えます。

 

よって、“vari-ability” は “variation” の一部と考えることができるでしょう。

 

variation” で表される『ばらつき』は、排除しようがないもの、排除する必要がないものだけでなく、排除すべきものも含めたその他全ての『ばらつき』を示しています。

 

そういうわけで “variation” の方がオールマイティーな表現と言えるのです。



data-matched-content-ui-type="image_card_sidebyside"

コメントは受け付けていません。