「適切な担当者」を英語で言うと “correct representative”

英語で仕事をやっていて、意外と悩むのが「担当者」と言う言葉です。

 

担当者」を示す英語はいくつかありますが、比較的よく見る “representative” について確認します。

 

representative” は形的に名詞という感じが全くしません。

 

それもそのはず元々「代表する~,象徴する~」という意味の形容詞だからです。

 

ですから「担当者」という意味で用いられるときも、「ある組織を代表する担当者」という意味合いになります。

 

例えば「XYZABC社の担当者」だったら、“XYZABC representative” と言えます。

 

よくある「適切な担当者」は “correct representative” と言う事ができます。

<例文>

Could you forward this document to the correct XYZABC representative and confirm the requirements details ?

この文書をXYZABC社の適切な担当者に回していただき、要求仕様の詳細についてご確認いただけますか?

representative” は長いですし少々言いづらいため、しばしば “rep(レップ)” と言われることがあります。



data-matched-content-ui-type="image_card_sidebyside"

コメントは受け付けていません。