設計者・技術者向けの英語情報

技術系ビジネスマン向け英語情報: 『〜が選択される場合』という英語表現
MENU

『〜が選択される場合』という英語表現

 

 

〜である場合」と言いたいときは以下の2パターンです。

  • when + S + V…
  • if + S + V…

 

上記の2パターンの使い分けは以下のとおりです。

  • when + S + V…” ⇒「SがVすることは通常よくあることだが
  • if + S + V…” ⇒「SがVすることは通常あまりないだろうが

 

よって「〜が選択される場合」は受動態を使って
when 〜 is chosen
もしくは
if 〜 is chosen” と言う事ができます。

    <例文1>

      When AUTO measurement method is chosen, there is a small adjustment in the resulting values that control the calibration parameters for A, B, and C.

       

      AUTO測定方法が選択される場合、その結果得られる値の微調整がA、BおよびCのキャリブレーションパラメータを制御する。
      (ユーザーがAUTO測定方法することは通常よくあることである)

 

上の例文で “there is a small adjustment” というのが分かりにくいかもしれません。
この文は【There be 構文】なので通常は「〜がある」ですが、それだと腑に落ちない感じがします。

 

【There be 構文】を使うときは、基本は相手が知らない情報を知らせるときです。

 

なので、上記の例文だと「AUTO測定方法が選択される場合」にどうなるか相手は知らないわけですから、“there is a small adjustment” としているのです。

 

there is” は「有る」というよりは、「あなたが知らない情報をこれから言うよ」という合図のように捉えておくといいでしょう。

 

相手が “there is” と言うときは、何か知らないことや意識していないことを知らせようとしているのだなと思って聞くといいでしょう。



data-matched-content-ui-type="image_card_sidebyside"

関連ページ

『問題を抽出する』を英語で表現すると…
〜かどうか確認してください“Can you confirm if〜?”
「データからバラツキが改善していることを確認した」の英語表現
「見通しあり」の英語表現: look promising
『品質などを許容できる』という英語表現
『AとBを比較する』って英語で表現してみよう
『目視で確認する』の英語表現
『公平な方法で比較する』の英語表現
『立場や見解などが食い違っている』の英語表現
『コストに対するインパクトを見積もる』の英語表現
『精度や正確さを確認する』という意味の “go over”
『全体をざっと確認する』という意味の “review”
「〜の場合」の英語表現: in case of と in the case of を使う場面はあまりない
『〜の目的は …することである』 という英語表現
『前提を確認する』という意味の “confirm”
『〜を補正する』の英語表現 “compensate for 〜”
『その結果、〜であった』の英語表現: as a result は気軽に使いにくい表現
著作権・商標権・特許権 を保護する英語表現
単位(unit)とスペースの入れ方
技術系文書におけるおすすめの強調表現
技術系文書における表(table)のフォーマット
個数や回数の英語表現
“issue” と “problem” 使い分けてますか?
まえがき(Preface)の書き方
「〜は次のとおりです」+箇条書き の英語表現
警告や注意喚起の英語表現
「目的」を表現する “in order to do” や “so that”など: 「主節の主語」と「“〜するために”の主語」のとり方に注意
問題を再現させる: reproduce や duplicate を使わない言い方
『対策の効果を確認する』の英語表現
問題が再現するか確認する: see if the problem comes back
『確認する』という意味の look on や look at 等とにかく look を使った英語表現7つ
『ありえそうな原因を調査する』の英語の言い方
このページの先頭へ