問題を再現させる: reproduce や duplicate を使わない言い方

問題を「再現させる」と英語で言いたいときは reproduce あるいは duplicate を使うのが常套手段です。

 

  • reproduce【他動詞】~を再び作り出す
  • duplicate【他動詞】~を複製する

 

ここでは、これら基本2動詞以外の表現をご紹介したいと思います。以下例文のように turn on, turn off を使う手があります。

 

turn on the problem: 問題を再現させる

turn off the problem: 問題を消滅させる

 

<例文1>

It is just conceptual modification but we can turn on and off the problem with it.

訳)それは単なるコンセプト段階の改造に過ぎませんが、それでこの問題を再現させたり、消滅させることができますよ。

 

turn on, turn off という表現は基本的には「電気を点ける、消す」とか「パソコンの電源を点ける、消す」という文脈で使われます。つまり「通電させる」という意味です。

 

turn on を「問題を再現させる」という文脈で使われる場合には、例文1のように問題の原因が分かっており、対策も何らかの形で表現できているので、それを使って問題を再現させたり、消滅させることも出来るという文脈で使うことが多いです。電球のように点けたり、消したりできるよということです。



data-matched-content-ui-type="image_card_sidebyside"

コメントは受け付けていません。