『~の目的は …することである』 と英語で言いたいとき

~の目的は …することである」は不定詞の名詞的用法を用いて “The purpose/aim of ~ is to do” と表現することができます。

 

英語における “The purpose/aim of ~ is to do” は、ほとんど決まり文句に近く、よくある形と言えます。

<例文1>

The purpose of the investigation is to explore a problem with the prototype in detail.

この調査の目的は試作機の問題を詳しく調べることである。

<例文2>

The purpose of the D50/D65 light selection is to compensate for the metamerism effect between the two.

D50とD65の光源選択の目的はその2者間の条件等色の効果を補正することである。

<例文3>

The aim of the program is to support your business and management.

このプログラムの目的は御社の事業や経営を支援することである。

purpose” と “aim” の違いについて、“aim” は “purpose” よりも狭い意味でかつ具体的な目的である という違いはあるようですが、プロの翻訳家でもない限りあまり気にしなくていいと思います。



data-matched-content-ui-type="image_card_sidebyside"

コメントは受け付けていません。