『その結果、〜であった』の英語表現: as a result は気軽に使いにくい表現

技術系ビジネスマン向け英語情報: 『その結果、〜であった』の英語表現: as a result は気軽に使いにくい表現
MENU

『その結果、〜であった』の英語表現: as a result は気軽に使いにくい表現

報告書などを作成するとき、日本語では「その結果、〜であった」という便利な言い方がありますが、英語ではどのように表現すればよいでしょうか?

 

 

直訳的な発想だと、

  • as the result, 〜
  • as a result, 〜

あたりが思いつきますが、「as the result, 〜」という英語は存在しません。
( 「as the result of 名詞, 〜」であればOKです)

 

 

as a result, 〜」は技術系の言い回しで良く使われる表現ですが、実は日本人が誤用しやすい連語です。ちなみに、「as a result, 」のように文と文をつなぐ言葉を転換語といいます。

 

 

例えば、以下のような文章の「その結果、 」を「as a result, 」にとすることはできるでしょうか。

 

<例文>
シャフトの外径を測定した。その結果、シャフトの外径は16mmであった。

 

実は、この文章では不可です。

 

なぜなら「as a result, 」は原因と結果を説明するときにしか使えないからです。

 

 

詳しく説明するために、上の文を次のようにAとBに分解してみます。

 

A: シャフトの外径を測定した。
B: シャフトの外径は16mmであった。

 

 

原因と結果とは、つまり

A だから B 

 

 

という関係が成り立つということです。

 

この関係に例文を当てはめてみると、

 

シャフトの外径を測定した。 だから、 シャフトの外径は16mmであった。

 

となりますので、ちょっとズレた文章になってしまいます。

 

測定したことが原因で、シャフトの外径は16mmとなっているわけじゃないですよね。

 

シャフトの外形が16mmとなっているのは、そのように設計者が図面を書いたからであり、その図面に基づいて誰かが製造したからです。それらが、シャフトの外形が16mmとなっている「原因」です。

 

これが「測定したから」というの流れで、「as a result, 」を使うことができない理由です。

 

 

では、こういう場合はどうすればいいかというと、転換語を使わないで、

 

The result showed that 〜

 

と言えばいいです。

 

The result showed that the outside diameter of a shaft was 16 mm.
その結果、シャフトの外径は16mmであった。

showed の代わりに shows を使っても構いません。

 

 

まとめると…
原因と結果の関係にない文と文をつなぐとき、「As a result, 」は使えない
⇒「The result(s) showed that 〜」を使う
※文脈に応じて、resultの単数形・複数形に気を付ける

 

 

本当にあるあるなのですが、以下のような場合は「As a result, 〜」は使いませんので注意が要ります。

 

  • 〜を測定した。 その結果、〜であった
  • 〜を評価した。 その結果、〜であった
  • 〜を観察した。 その結果、〜であった



関連ページ

『問題を抽出する』を英語で表現すると…
〜かどうか確認してください“Can you confirm if〜?”
「データからバラツキが改善していることを確認した」の英語表現
「見通しあり」の英語表現: look promising
『品質などを許容できる』という英語表現
『AとBを比較する』という英語表現
『目視で確認する』の英語表現
『公平な方法で比較する』の英語表現
『立場や見解などが食い違っている』の英語表現
『コストに対するインパクトを見積もる』の英語表現
『精度や正確さを確認する』という意味の “go over”
『全体をざっと確認する』という意味の “review”
「〜の場合」の英語表現: in case of と in the case of を使う場面はあまりない
『〜の目的は …することである』 という英語表現
『前提を確認する』という意味の “confirm”
『〜を補正する』の英語表現 “compensate for 〜”
著作権・商標権・特許権 を保護する英語表現
単位(unit)とスペースの入れ方
技術系文書におけるおすすめの強調表現
技術系文書における表(table)のフォーマット
個数や回数の英語表現
“issue” と “problem” 使い分けてますか?
まえがき(Preface)の書き方
「〜は次のとおりです」+箇条書き の英語表現
警告や注意喚起の英語表現
「目的」を表現する “in order to do” や “so that”など: 「主節の主語」と「“〜するために”の主語」のとり方に注意
『〜が選択される場合』という英語表現
問題を再現させる: reproduce や duplicate を使わない言い方
『対策の効果を確認する』の英語表現
問題が再現するか確認する: see if the problem comes back
『確認する』という意味の look on や look at 等とにかく look を使った英語表現7つ
このページの先頭へ