「見通しあり」の英語表現: look promising

ハードウェア設計の現場において「見通しがある」はしばしば使われる言葉の1つかもしれません。

 

見通しがある」とは即ち、「期待が持てる」、「有望である」、「成長が見込めそうだ」などように楽観的な展望を述べるときに使われる言葉です。

 

例えば、最後までデータを採り終わっているわけではないけれど、ここまでのデータから、できるだけ客観的に判断して有望そうだから「見通しあり」と言うことがあります。

 

このような「見通しあり」を英語では look promising と表現します。

 

 

look promising: 見通しがある(有望そうに見える)

<例文1>

The test has been ongoing but the result looks promising so far.

そのテストは継続中だが、これまでの結果は見通しあり。

 

 

look promising の文法的な構造は<動詞+形容詞>の形です。

 

この look は感覚的な印象を表す動詞で、他には appearseemfeelsound などがあります。look ~ で「~であるように見える(感じられる)」という意味をなします。

<例文2>

Something looks wrong with this result.

この結果は何かおかしいように見える(感じられる)。

 

promising は形容詞で「将来有望な、見込みがある」という意味です。

 

promising のように語尾が ing となる形容詞は、現在分詞から形容詞化したもので、例えば interesting(面白い) や boring(つまらない) と同じ仲間です。

 

promise という動詞は「約束する」の他に「見込みがある」という意味がありますので、この意味の動詞の現在分詞が形容詞化したものが promising ということになります。

 

例えば

 

  • 「とても有望そうだ」は very promising
  • 「まあまあ有望そうだ」は quite promising

 

と言うことができます。

 

<例文3>

This change looks quite promising. It will reduce production cost by at least 4 percent.

今回の変更はまあまあ有望そうだ(見通しがある)。これで生産コストを4パーセント以上削減できるだろう。
※reduce A by B: 「A を Bの分だけ減らす」

 



data-matched-content-ui-type="image_card_sidebyside"

コメントは受け付けていません。